アルファードからハイエースに乗り換える時に『必須』な情報とは?

アルファード ハイエース

アルファードからハイエースに乗り換えを検討しているならば、いくつか重要な違いを把握しておく必要があります。ただなんとなく乗り換えを検討していると、後々後悔することになるかもしれないからです。

本記事では、まずアルファードからハイエースへ乗り換える時に考慮したいポイントについて詳しく説明します。

 

 

 

 

アルファードからハイエースへ乗り換える時に考慮したいポイントとは

アルファードからハイエース乗り換える時に考慮したいポイントが2つあります。これからわかりやすく説明をしていきます。

 

利用目的を明確にする

アルファードとハイエースはボディサイズこそ類似している部分はあるのですが、ジャンルが全く異なるクルマです。アルファードもハイエースも長距離走行には最適です。アルファードは『ミニバン』で贅沢な空間を演出できるため、移動中の乗り心地は快適ですが、荷物を積みスペースがそれほど広くありません。一方、ハイエースは『ビジネスカー』で積載重視の設定となっています。そのため、運転席、助手席に乗りづらく、セカンドシートの作りがアルファードに比べて簡素化されており、突き上げられるような乗り心地です。しかし、アルファードにはない、車内空間を実現できるため、サーフボードやロードバイクを積み込みできるだけでなく、ベッドキットも設置できるため、宿泊代を浮かせるには最高のアイテムなのです。

 

内装が簡素化される

アルファードは内装が非常に豪華でインパネ周りだけでなく、キャプテンシートが採用されているグレードもあります。そのため、まるで飛行機のファーストクラスにいるような感覚を得られます。また、車内も静粛性が良いため、高い満足度が得られます。一方、ハイエースは製造年月やグレードによってはマニュアルエアコンの設定であったり、シートが簡素化されています。また、内装の鉄板がむき出しになっていたり、リアクーラーが標準装備されていなかったりするため、注意が必要です。少しでもアルファードの内装に近づけたい場合は『スーパーGL』を選択肢に入れる必要があります。スーパーGLはフロントオートエアコンが標準装備されているため、多少なりとも乗用車に近い感覚を得られることができます。また、イージークロージャーも標準装備されていたり、電動スライドドアやLEDヘッドライトもメーカーオプションで設定されています。

 

 

 

 

 

アルファードとハイエースの違いに関する『絶対的な』優位性とは?

アルファードとハイエースの違い関する絶対的な』優位性があります。それは車内空間の広さを生かした、内装のカスタムです。アルファードは車内空間を乗車用に設定しているため、ボディサイズの割に荷物を多く積むことができません。一方、ハイエースの内装カスタムは無限に行うことができます。例えば、車中泊をメインにカスタムしたいのなら、ベッドを積むことができ、内装もフロアキットをインストールしてあげれば最高の相棒に変貌します。また、トランポでバイクを積んだり、サーフボードを積み込む時に床張り施工をしておけば、汚れを拭くだけで簡単に落とせることができるのです。このカスタムは一例で、本格的にキャンピング仕様に変更することができるため、とにかくカスタムに制限がないのが、アルファードにはないハイエースの絶対的な優位性です。

 

 

 

 

アルファードとハイエースの違いについて納得することができたなら

アルファードとハイエースの違いは乗用車もしくはビジネスカーに基づいたコンセプトによるクルマの構造の違いです。大まかに違いをピックアップし、利用目的に沿った使い方をすれば、どちらも最高のパートナーになります。優先順位の高い項目をリストアップして、悔いのない選択をしませんか?

 

 

現在、新車でハイエースを購入すると、手元に届くまでに4ヶ月前後を必要とします。時間をかけることなく乗りたいのであれば、中古車をおすすめします。必要な条件を選択することで、自ら選ぶのではなく、プロにおまかせすることで、納得できるクルマ選びをしませんか?

 

 

 

>>>なびくる+

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました