キャンプで車を使う時に目的や用途に縛られないようにする手段とは?

キャンプで車を使う場合、目的や用途によって選ぶ車が異なってきます。リサーチしたところ、目的や用途を選ぶことなく『よりどりみどり』に扱える車を見つけることができました。

本記事では、キャンプで車を使う時に『最優先』に考えたい判断基準について、はじめに説明していきます。

 

 

 

 

キャンプで車を使いたい!そんな時『最優先』に考えたい判断基準とは

キャンプで車を使いたい時に『最優先』に考えておきたい判断基準があります。そのことについてリサーチしましたので、詳しく説明します。

 

積載量

キャンプで車を使うときにはたくさん荷物を載せたり、人を乗せたりするため『積載量』が重視されます。SUVやステーションワゴンは人を乗せることに重きを置きます。メーカーによってはフラッグシップモデルも存在するため、仲間と行ったら『いい顔』をすることできます。一方、荷物をたくさん載せる場合はワンボックスカーがお勧めです。特にキャブオーバー型の車なら、荷室容量がSUVやステーションワゴンの比ではありません。例えば、オートバイはSUVやステーションワゴンには積み込めませんが、ワンボックスカーならキャンプ用具と合わせて車内に積み込んで移動できます。

 

車内でくつろげるか

オートキャンプ場でキャンプをする場合、テントを張って寝泊りする、もしくは車の中で寝泊りするという2つのパターンに分かれます。SUVやステーションワゴンでキャンプする場合、テントを張って寝泊りすることがほとんどです。しかし、天気が急変してしまうと、なかなかテント内ではくつろぐことができません。一方、ワンボックスカーなら悪天候の場合でも車の中でくつろげるため、快適に寝泊まりできます。

 

外部電源を確保できるか

オートキャンプ場でキャンプをする場合は、車の外部電源を確保できるかどうかも考えておきたいです。SUVやステーションワゴンで外部電源を取れるのは三菱のアウトランダーPHEVくらいなものです。一方、ワンボックスカーなら外部電源を確保できるような仕様があるので、『よりどりみどり』を選ぶならワンボックスカーがおすすめです。

 

 

 

 

キャンプで車を使うならワンボックスカー!その双璧をなすものとは?

キャンプで車を使うならワンボックスカーで、その双璧をなすものはズバリ『ハイエース』と『キャラバン』です。実は、見かけ上のボディー・ルーフの形状、その他の諸元詳細は、ほとんど同じです。乗ってわかる違いはディーゼルエンジンの静粛性はハイエースが優性で、ディーゼルエンジンの最大トルク値はキャラバンが優性である、ということくらいです。しかし、ハイエースにはあって、キャラバンにはない2つのアドバンテージがあります。それは、『圧倒的なブランド力』と『圧倒的な耐久性』です。それは、盗難率の高さ、盗難台数の多さが国内ワースト3に毎年ランクインしているという実績が、2つのアドバンテージを証明しています。実際、キャラバンは盗難率の高さ、盗難台数の多さにランクインすらしていないのが現状です。盗難されてしまったハイエースは悲しいことにユーザーの手元に戻る可能性はほぼ0%です。皮肉なことに、輸出用にスクラップされてから、輸出先で組立し直して、海外で『盗難車』が使用されているということになるのです。そもそも、ワンボックスでハイエースを考えているユーザーは見積もり上以外でキャラバンを比較対象にすることはありません。したがって、国内、海外で長年の実績を培ってきた『ワンボックスの王様』であるハイエースがおすすめです。

 

 

 

キャンプの車がハイエースと決まり、早速キャンプに行くのであれば

キャンプの車がハイエースと決まり、すぐにキャンプに行きたいのなら4WDの中古車がおすすめです。FRは足場が悪い路面では意図通りに発進できなかったり、スタックしてしまうからです。

キャンプ用としてハイエース4WDの中古車をすぐに求めるには厳選された中古車市場からピックアップすることが重要です。中古車市場には当然ながら非公開車両もあるため、インターネット上で検索するには限りがあります。中古車選びのプロがオススメする厳選されたハイエースにしませんか?

 

>>>>>なびくる+

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました