ハイエースを購入する前に知っておきたい『あらゆる』情報とは?

ハイエースを購入する前に知っておきたいのが、メリット・デメリットなどのあらゆる情報です。そうすることで、購入したあとのイメージがわきやすいからです。ここの記事では、はじめにハイエースを購入すると普通の乗用車には得られない『メリット』についてわかりやすく説明します。

 

 

 

 

ハイエースを購入すると普通の乗用車には得られない『メリット』が!

ハイエースを購入すると普通の乗用車には得られない『メリット』がこれだけたくさんあります。わかりやすく説明します。

 

アウトドア派の一般ユーザーにはたまらないクルマ

ミニバンと違い、トランポやキャンプ、サーフィンなど高い本気度を持ったユーザーが所有するクルマです。

 

カスタムパーツが無数にある

ヤフオクなどでもパーツが豊富で、欲しいものはほぼ全て揃うと言っても過言ではありません。

 

見切りが良く運転しやすい

大きく見えますが5ナンバーサイズです。5ナンバーサイズで収まっていることに驚かれます。慣れるとノーズがないので、とても運転しやすい。前タイヤが自分のお尻の下にあるのでわかりやすく、ピラー等の見切りも悪くありません。

 

耐久性が高い

クルマの個体差はありますが、大きな故障はほとんどありません。ただし、現行モデル2型(2007~2010年に製造)のディーゼル車は触媒浄化装置の不良が報告されているため、注意が必要です。

 

自動車税が安い

年間16,000円で1ナンバー、4ナンバータイプのバンに限ります。3ナンバータイプのワゴン車は年間51,000円です。

 

広大なスペース

ベットキットを積んで、荷物をセカンドシートに置けば上下で4人はらくらく寝られます。また、セカンドシートを倒すと、広大なスペースが生まれるため、引越しなどにも重宝します。

 

買い取り価格が高い

筆者の知人で8年/12万キロ乗って、なんと160万円で買い取ってもらったケースがあります。それほどハイエースは人気なのです。

 

 

 

 

ハイエースを購入すると普通の乗用車には感じられないデメリットが!

ハイエースを購入すると、一方で普通の乗用車には感じられないデメリットがこれだけたくさんあります。わかりやすく説明します。

 

盗難の危険性

『ハイエースを所有する』=『常に盗難と隣り合わせ』といっても過言ではありません。なので、任意保険に加入したり、目でわかる盗難対策(ハンドルロック、タイヤロック)などあらゆる対策を行う必要があるのです。

 

乗り心地の悪さ

貨物専用のサスペンションを搭載しているため、最大積載量(1t)に耐えられるような足回りとなっています。なので、普段重量のある荷物を載せないで使用する場合は段差などではねやすくなります。動くトランポリンといっても過言ではありません。

 

ショボイメータ周り

最近の軽自動車でもデジタルメーターを採用しているにも関わらず、ハイエースは未だにアナログメーターでショボく感じられるかもしれません。しかし、最低限の情報はオプティトロンメーターを採用しているグレードであれば分かるため、さほど気にはなりません。

 

4WD車の外観のショボさ

ハイエースの4WD車はフロント部分がノーズアップしているような外観です。これはフロントにドライブシャフトが使用されているため、2WD車と並べてみると、その差がはっきりとわかるくらいです。外観のショボいと感じたら、フロント部分を『ローダウン』するのも1つの手ですが、車体の耐久性も低下するため、おすすめはしません。

 

業務用でも使用される

ハイエースは業務用でも使用されるため、必ずしも丁寧に扱われるとは限りません。特に中古車は車内が傷だらけだったり、最大積載量を常にキープしているため、サスペンションの耐久性か低下している可能性があるからです。

 

 

 

 

ハイエースを購入する前にあらゆる有益な情報を得ることができたなら

ハイエースはプライベートでも業務用でも1つで2つの使い方が出来るだけでなく、カスタム要素も多い、デメリットに気をつければ大変満足度の高い車であることがわかりました。

 

ハイエースの購入を検討しているなら、自分でカスタムして満足度の高いモノを作り上げていきたいですよね?現在所有しているマイカーを高く売却して、車両本体価格を少しでも抑えて購入して、自ら納得できるマイエースを作り上げていきませんか?

 

>>>>>カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

“ハイエースを購入する前に知っておきたい『あらゆる』情報とは?” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です