ハイエースのマットを選ぶなら社外製である『3つ』の理由とは?

ハイエースのマットの選択肢は2つあります。リサーチしたところ、トータルで見ると『あるマット』にユーティリティーという観点から軍配が上がることがわかったのです。

記事では、はじめにハイエースのマットを買うならやっぱり○○がおすすめ、ということについて詳しく説明します。

 

 

 

目次

ハイエースのマットを買うなら純正よりも○○のほうがおすすめだ!

ハイエースのマットを買うなら実は純正よりも社外製のほうがおすすめです。というのも、純正のマットは一旦汚れが付いてしまうと、落とすことが難しいだけでなく、水洗いもためらってしまうほどです。特に、アウトドアの趣味でスノーボードやキャンプ、海などに行く場合は雪が溶けて、水分を吸ってしまったり、キャンプで山に行った場合は、泥だらけになったりします。さらに海に行くと、車内に入り込んだ砂がマットを超えて、運転席周りが砂だらけになってしまうのです。

 

 

 

 

ハイエースのマットを社外製のものを選ぶと実はこれだけのメリットが

ハイエースのマットを社外製のものを選ぶと実はこれだけのメリットがあることがわかりました。詳しく説明します。

 

内装のデザインにマッチする

社外製のマットはハイエースの内装のデザインにマッチするため、純正のマットを使うよりもオシャレに見えます。また、純正のマットはどうしてもデザインが『おしゃれ』ではなく、また、機能性も社外製のマットに劣ってしまうので、この時点で純正のマットを選択する理由がなくなってしまいます。

 

グレードに関係なく使うことが可能

ハイエースのマットを純正のものを選んでしまうと、実はグレードごとで形状が異なるため、車両のグレードを変えた場合そのまま使用することができません。しかし、社外製のものを選択すれば、万が一乗り換えの時に、グレードを上げたいもしくは下げたいと考えている場合にそのまま使うことが出来るのです。

 

掃除が簡単

純正のマットはこびりついた汚れを掃除機やガソリンスタンドの掃除機で吸い取らないといけないため、面倒になります。一方、社外製のマットはラバータイプのものだと、特に掃除をするのが簡単で、水洗いだけで済むため、手間を省くことができます。

 

 

 

 

ハイエースのマットは社外製だとデメリットはないの?当然あります

ハイエースのマットは社外製のものについて3つのメリットを説明しました。しかし、『デメリットはないの?』と言われたら当然あります。それは運転席のマットを外しにくいということです。実は社外製のマットは運転席にマットを固定させるためのピンを取り付ける必要があります。このピンを取り付けて、フックにマットを固定するのですが、一旦取り付けてしまうと、なかなか脱着しにくいため、コツをつかむ前にピンが外れてしまうことがあるのです。特に下位グレードのDXはフロアの素材がビニールのため、マットが滑りやすく、運転する時の邪魔になってしまうのです。

 

 

 

 

ハイエースのマットはやっぱり社外製がおすすめである理由がわかれば

ハイエースのマットに関するメリット、デメリットについて説明しました。特に純正のマットは汚れや掃除の仕方、グレードによって採用不可などデメリットになることが目立ってしまう結果になりました。しかし、社外製のマットを使うことで、取り外しの時には苦労するものの、デザインのマッチングやグレードの採用有無、掃除が簡単など、フレキシブルな対応を行うことができることがわかりました。

 

社外製のマットが搭載されているものをすぐにゲットしたいのなら、厳選された非公開車両から中古車選びのプロフェッショナルに依頼するのも1つのアイデアです。マットを固定するピンも取り付ける手間も省けるメリットもありますので、おしゃれを内装に仕上げられたマイエースをゲットしませんか?

 

 

>>>>>なびくる+

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる