ハイエースで雪道を走る時にあったら嬉しい『便利』なモノとは?

ハイエース 雪道

ハイエースで雪道を走行するときには鉄板となる『最適な』方法があります。しかし、それ以外でも、あればとっても嬉しい便利なモノがあることもわかりました。ここの記事では、まず、はじめにハイエースで雪道を走行するために対策するべき『最適』な方法について詳しく説明します。

 

 

 

 

ハイエースで雪道を走行するために対策するべき『最適』な方法とは?

ハイエースで雪道を走行するために対策するべき『最適』な方法は『スタッドレスタイヤ』を装着することです。雪道の場合、駆動方式に関係なく、スタッドレスタイヤの装着は必須です。なぜなら、スタッドレスタイヤは路面の摩擦係数が低い圧雪路や氷結路で止まりたい場合、グリップ力を高めることができます。とういのも、スタッドレスタイヤのトレッド面には、圧雪路や氷結路で雪を溝が噛むようにして圧縮し、駆動力を得るためにノーマルタイヤよりも溝が深くなっているからです。

 

 

 

 

ハイエースで雪道を走るために必要なスタッドレスタイヤの注意点とは

ハイエースで雪道を走るために必要なスタッドレスタイヤですが、注意点があります。詳しく説明します。

 

皮むき

タイヤの『』と呼ばれる部分は、生タイヤを加硫して成型し、金型から抜いた際にタイヤの表面に生じる薄いゴムの皮のことです。スタッドレスタイヤの場合は特に、吸水、密着、引っ掻きとよばれる3つの性能は、タイヤの『皮』が向けることで本来のパフォーマンスを発揮します。しかし、皮むきをしないで新品タイヤを装着しても、グリップ力を維持できないので、停止距離がのびてしまうことがあります。

 

アイスバーン

アイスバーンの中でも特に怖いのが『ブラックアイスバーン』です。これは、雨や雪が降った次の日の朝、氷点下を下回る低音の場合に発生する現象です。この場合、スタッドレスタイヤを装着していてもグリップせず、車を停止させることが難しいのです。

 

スチールチェーン

傾斜のある坂道や悪路を走行する場合にスチールチェーンは必須です。取り扱う際に注意したいのは、無理やり取り付けて外れてしまったりすることです。走行していて外れてしまった場合、フェンダー周りが傷だらけになってしまうことがあるため、要注意です。

 

 

 

 

ハイエースで雪道を走るためにあればとっても『便利』なモノとは?

ハイエースで雪道を走るためにあればとっても『便利 』なモノを2つ見つけました。詳しく説明します。

 

スパイクベルト

簡単に説明すると金属のピンがついた『ゴムのベルト』です。スタッドレスタイヤに溝にはめ込んですぐに使用できます。しかし、ゴムの強度が強いため、タイヤを外して二人で装着する必要があります。特にアイスバーンでスパイクベルトの効果を発揮します。

 

横滑り防止装置

横滑り防止装置は車両自体の『安全装備』の1つで、交通事故が横滑り防止装置が付いていない車と比較して35%も減少したという結果があります。また、アイスバーンでは特に横滑り防止装置が付いている恩恵を得られることができます。通常、横滑り防止装置が付いていない車両は不安定状態の挙動から自ら修正舵を当てて、挙動を立て直す必要があります。しかし、横滑り防止装置がついた車両は不安定挙動を直ちに察知し、車両の修正量に応じて、ブレーキをかけてくれる『優れもの』なのです。ハイエースにも2017年12月に改良されたモデルに搭載されているため、横滑り防止装置が付いているものがおすすめです。

 

 

 

 

ハイエースで雪道を走るために揃えておきたいツールがわかったなら

ハイエースで雪道を走るために揃えておきたいツールは以下の3つです。

スタッドレスタイヤ

スパイクベルト

横滑り防止装置

 

現在所有している愛車で横滑り防止装置が搭載されていない車両は、雪道を走ると何かと倉庫時に不安がつきまといますよね?愛車を査定し、最高額で買取してもらって、横滑り防止装置が搭載されたハイエースで、雪道の走行にゆとりを持たせませんか?

 

>>>>>Goo買取 中古車査定プロモーション

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました