ハイエースの四駆に関する『有益な』情報についてまとめてみた!

ハイエース 四駆

ハイエースの四駆について詳しく調べてみました。その結果、四駆を選ぶことは各々のユーザーの『使用方法』や『必要性』の需要を満足させる必要があることがわかったのです。ここの記事では、ハイエースの四駆の比較の対象として二駆を引き合いに出して詳しく説明をしていきます。

 

ハイエースの四駆って実際のところどうなの?二駆と比べたところ

ハイエースの四駆は実際のところどうなのかリサーチしてみました。その結果、二駆と比べると2つのメリットがあることがわかったのです。これから詳しく説明をしていきます。

 

悪路での走破性能がアップする

ハイエースは『キャブオーバー』と呼ばれる構造をしています。この構造は、どうしてもフロントに荷重が偏ってしまいがちで、貨物を積載した状態を走行することを想定したつくりです。。したがって、駆動レイアウトも『後輪駆動』が一般的です。しかし、後輪駆動の場合、荷室が空の状態で悪路を走行すると、伝達トルクが伝わりにくくなり、発進時にタイヤがスリップしやすくなったり、スタックしたりしやすくなります。これを二駆から四駆に変更すると、たとえ1つのタイヤがスリップしたとしても、残りの3つのタイヤに伝達トルクが伝わり、走行性能が良くなります。また、ハイエースの四駆はリヤLSDをメーカーオプションで追加することができます。リヤLSDは走行中に発生した車両挙動を抑えてくれる役割があるため、豪雪地域には装着をおすすめします。

 

高値で取引される

ハイエースの四駆は海外でも需要が有るため(ディーゼル車は耐久性が高いため特にその傾向有り)、10年落ちで10万キロオーバーの車両が200万円を平気で超えるくらい、高値で取引されます。特にディーゼル車は10万キロまでは『慣らし走行』と呼ばれる程の状態で、10万キロを越えてから、ようやく本来の性能を発揮する、『圧倒的な』耐久力を誇るのです。もし予算に限りがあるのなら、中古で購入して、数年経過したら手放すような使い方も十分『あり』と言えます。

 

 

 

 

ハイエースの四駆を取り扱うときに注意したい『耳寄りな』情報とは?

ハイエースの四駆を取り扱うときに注意したい『耳寄りな』情報についてリサーチしました。これから詳しく説明をしていきます。

 

カスタムが制限される

ハイエースの四駆は前輪部分にドライブシャフトが換装されています。そのため、リア部分が尻下がり状態になっているため、人によっては『ダサく』見えてしまいます。そのため、フロントをローダウンしてあげれば外観はよく見えます。しかし、過度にローダウンしすぎると、ドライブシャフトのブーツに負担がかかり、破損しやすくなります。また、ローダウンすることで車高が下がるため、『構造変更』を行う必要があります。さらにタイヤとホイールのドレスアップの際にも車高を下げていたりすると、『オーバーフェンダー』気味となってしまうため、車検にも通らなくなってしまうのです。よって、ハイエースの四駆で外観のカスタムを行うときは要検討する必要があるのです。

 

燃費の悪さ

四駆はクルマを発進したり、後進したりする際にどうしてもタイヤを4つ動かす必要があります。ハイエースの四駆は特に『フルタイム四駆』と呼ばれる駆動方式で常時タイヤが4つ動きます。したがって、後輪駆動である二駆よりも燃費が1~2割悪化してしまいます。しかし、二駆を所有して悪路などでスタックして動けなくなってしまった場合や雪道で車両が制御不能になって事故になってしまうことを考えると、安全を考慮すれば大きな問題ではないのです。

 

 

 

 

ハイエースの四駆に関する『有益な』情報をゲットできたのならば

ハイエースの四駆に関する情報はメリットをそのままメリットに、デメリットをメリットに思考転換できれば大変『有益』にすることができます。悩みに悩み抜いてすべて納得することができるような選択をしませんか?

 

ハイエースの四駆を今すぐにでもゲットしたいなら、程度の良い中古車も選択の視野に入れてみるのもアイデアの1つです。ゲットしてライトカスタムするのもあり、そのままノーマルで使うのも使い手次第です。こだわりのある自分だけのマイエースを築きあげていきませんか?

 

 

>>>なびくる+

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました