ハイエースでキャンプする前にリストアップしておきたい項目とは?

ハイエース キャンプ

ハイエースでキャンプをするならば、まずは検討しておきたい項目についてリストアップする必要があります。その中で、取捨選択をするのが最適な方法です。本記事では、ハイエースでキャンプをするために検討しておきたい重要な項目について詳しく説明します。

 

 

 

 

ハイエースでキャンプをするために検討しておきたい重要な項目とは?

ハイエースでキャンプをするために検討しておきたい重要な項目についてリサーチしました。これから詳しく説明をします。

 

レンタカーでお試しする

ハイエースでキャンプをするために架装されたクルマをレンタカーで使ってみることが最も有効です。というのも、キャンプをしているイメージが一番湧きやすい方法だからです。実際に、ハイエースでキャンプをして納得することができるかどうかはユーザーとして最も納得できるかというか判断しやすいからです。

 

ウィークポイントよりも魅力的なポイントを発掘すること

ハイエースにはウィークポイントがたくさんあります。2WDの場合、ちょっとしたぬかるみでもスタックしたり、ワゴンや特装車だとスライドドアが片方だけしかなく乗り降りは面倒だったりします。さらに乗り心地がミニバンと比べると微妙だったり、虫が一旦入ると中々出て行ってくれなかったりもします。それでもハイエースがキャンプに使用されるのは、ウィークポイントよりも圧倒的なスペースを確保できたり、カスタムパーツの豊富さなど魅力的なポイントが上回るからです。

 

家族とよく話し合う

ハイエースでキャンプをする目的で使用するならば、家族とよく話し合う必要もあります。というのも、1人1人がそれぞれ異なる意見を持っているため、必ずしもニーズが一致するとは限らないからです。例えば、乗り心地を優先したい場合、ハイエースを使ったら後々後悔することになるかもしれません。それぞれの意見に対してギャップを埋めて満足出来るかどうかが重要なのです。

 

 

 

 

ハイエースでキャンプをするために検討しておきたいアイテムとは?

ハイエースでキャンプをやりたいということが決まれば、後はキャンプをするために検討しておきたいアイテムを決めることが重要です。これから詳しく説明をします。

 

虫除けネット

季節に関係なく、ハイエースの広い車内に虫が入ってくることはよくあることですが、せっかくの楽しい時間を邪魔されたくないですよね。その時に活躍するのが、スライドとリアゲートに取り付けできる『虫除けネット』です。ゴムモールの間を少しずつ外して、その隙間に埋めていけばいいだけなので、取り付けも楽チンです。

 

サブバッテリーキット

サブ八テリーキットもキャンプをするために必要なアイテムの1つです。例えば、寒い時に電気毛布を使用したりする時に重宝します。また、スマホやノートパソコンを充電したいときもコレがあればあっという間に解決することができます。

 

サイドバー

サイドバーを取り付けて、デッドスペースを有効活用するのも有効なアイデアです。サイドバーの取り付けには『内張りはがし』が必要です。しかし、ドリルで穴あけする手間も省けるうえ、取り付けることができれば、キャンプのアイテムなどを積載するのに十分なスペースが生まれます。

 

 

LEDランタン

ハイエースの室内灯は豆電球タイプであるため、キャンプをする上ではあまりオススメできません。それをフォローするためにはLEDランタンで車の中を明るく照らす必要があります。サイドバーにLEDランタンを引っ掛ければ、あたかも本当にキャンプしているかのような感覚になります。

 

ベッドキット

架装されたクルマを購入しないで、就寝スペースを作るならば、ベッドキットが必要です。キャンプするときには荷物を大量に積み込む必要があるので、できれば荷物を効率よく収納できるアイテムが理想です。

 

 

 

 

ハイエースがキャンプをするベースの車となることが決まったのなら

ハイエースがキャンプをするベースの車とするためには

レンタカーでお試しすること

ウィークポイントより魅力的なポイントを発掘すること

家族とよく話し合うこと

です。

 

その3点を踏まえて、アイテムを揃えて自らのマイエースにカスタマイズしませんか?

 

 

ハイエースがキャンプを今すぐしたいと考えているならば、中古車を検討するのも1つのアイデアです。できる限りの理想の条件をリストアップして納得のいくものをチョイスしませんか?

 

>>>>>なびくる+

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました