ハイエースよりもキャラバンを追い求める『決定的な』2つの理由とは

ハイエース キャラバン

ハイエースよりもキャラバンを多く求める『決定的な』理由は2つあります。しかし、詳しく調べたところ、キャラバンにも優位性があることがわかったのです。本記事では、ハイエースよりもキャラバンを多く求める『決定的な』理由とは一体どのようなことなのか、2つの視点から掘り下げていきます。

 

 

 

 

ハイエースよりもキャラバンを多く求める『決定的な』理由とは一体?

ハイエースよりもキャラバンを多く求める『決定的な』理由はずばり2つあります。これはハイエースとキャラバンをどちらか選ぶ場合、『3人に2人』はハイエースを選ぶことにつながっています。これから詳しく説明をしていきます。

 

① 耐久性

ハイエース自体、国内の工場でしか生産されておらず、圧倒的な品質力を誇る働くクルマです。そして、ハイエース(特にディーゼル車)は総走行距離が10万キロを越えてから本格的に働きを始めるのです。(5年保証、10万キロ保証)また、20万キロ、30万キロと乗り潰してもなお、残価が残るだけでなく、海外に輸出されて活躍している車がたくさんあります。エンジンやトランスミッションのパワーユニット系が小さな故障を出す程度で、ボディーやフレーム周りの設計は非常に頑丈であるため、最小限の交換に止めることが出来るのです。というのも、ハイエースはモデルチェンジのサイクルが15年程度あり、他のクルマと比較しても相当ロングセラー商品となっています。したがって、長期間生産・販売することを見越して、マイナーチェンジを繰り返しても車両が耐えられるような作りとなっているのです。

 

② 圧倒的なブランド力

ハイエースはトヨタの商用車の代表格で、1967年から生産が開始されたクルマであるため、生誕50年を越えたロングセラー車です。また、海外ではトヨタよりも「ハイエース」の方がよく知られている場合があります。特に、アジアやアフリカ、中東など海外に輸出されて活躍している車がたくさんあり、このことからもハイエースブランドが海外に浸透している所以でもあります。海外の使われ方は日本以上に過酷で、3人がけのシートに6人大人が乗ったり、1日で1000キロ以上走行するケースが多々あります。しかし、それでも故障せず、走行できるのはハイエースが「圧倒的なブランド力」を持っているにほかならないからです。

 

 

 

 

ハイエースよりキャラバンを求めるユーザーに共通するポイントとは?

ハイエースよりキャラバンを求めるユーザーに共通するポイントがあります。それは小さな付加機能、盗難率の低さです。詳しく説明します。

 

小さな付加機能

荷室をアレンジする場合、ルーフサイド部、ウエスト部、ラゲッジフック用の各ナットに、専用のディーラーオプションを付けることができます。積載物などに応じて、ラックの設置方法を自由に変えることが出来るのも特徴です。

また、500mlペットボトル2本が収納できる『インストロアトレイ』が設置されており、エアコンの冷たい風でペットボトルを冷やすことができます。

 

盗難率の低さ

なんといっても、盗難率の低さではないでしょうか。ハイエースは常に盗難率、盗難台数ワースト3に入ってしまうような人気車ですが、キャラバンは当然2つのケースに該当しません。なので、盗難されたくない、不安に駆られたくないと思っている『安全思考』のユーザーはキャラバンを求めるのです。

 

 

 

 

ハイエースをキャラバンと同じような価格帯で購入する方法とは?

ハイエースをキャラバンと同じような価格帯で購入する方法、それは『新車』で購入することです。ハイエースとキャラバンは競合車ですが、同じ条件(4年落ち、4万キロ)で比較すると30~50万円くらいハイエースの方が、高値で売買されているのです。新車購入を検討する場合は5~7万円程度の差で済むので、新車での購入をオススメします。

 

現在お乗りになっている車を高く売って、ハイエースを新車で購入するための資金を作る最適な方法は愛車を高く買い取ってもらうことです。数社に見積もりを取ってもらい、その中で最も査定が高いところで売却するのがベストです。賢い方法を選んで、ハイエースの耐久性と圧倒的なブランド力をゲットしませんか?

カーセンサー.net簡単ネット査定

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました