ハイエースの中古を『トラブル』に遭遇することなく入手するには?

ハイエースの中古を購入する前に、あらゆる情報を入手しておきたいですよね。加えて、トラブルに遭うことなく納得いくクルマ選びができれば言うことなしです。

本記事では、はじめにハイエースの中古を検討する前に気をつけておきたい重要な情報についてわかりやすく解説します。

 

ハイエースの中古を検討する前に気をつけておきたい重要な情報とは?

ハイエースの中古を検討する前に気をつけておきたい重要な情報についてリサーチしました。これからわかりやすく解説をしていきます。

 

値崩れしにくい

ハイエースの中古はとにかく『値崩れしにくい』ため、中古で購入するには全く不向きなクルマの1つです。特に、ディーゼルの中古市場を見回すと、走行距離や修復暦にもよりますが、ビックリするくらい、新車に近いような価格帯で取引されているのです。

したがって、中古で購入するのではなく、新車で購入する方法が最善策です。その中でも方法は2つあり、

(1) 購入して5年ローンで3年くらい乗ってローンを精算して、次の車の頭金にする

(2) しばらくクルマを購入しない前提で乗り潰すか

のどちらかになります。

 

メーカー保証が切れていないか

ハイエースを中古で検討する際は『メーカー保証』が切れていないかにも気を配る必要があります。ハイエースのメーカー保証は『60ヶ月、10万km(いずれか早い方)』で、それより以前のクルマに関しては保証の対象外となるため、注意が必要です。また、メーカー保証『はメンテナンスノートに記載された整備・点検が行われ、取扱説明書に従って使用に沿ったクルマ』のみ対象です。したがって、すべての中古のクルマに該当するわけではないため、ハイエースを中古で検討するには、この2つのポイントに注意する必要があるのです。

 

 

 

 

ハイエースの中古を検討する時に唯一得られるアドバンテージとは?

ハイエースの中古を検討する時に唯一得られるアドバンテージはすばり『納期の短さ』です。現在、ハイエースを新規で注文すると、工場出荷目度の期間が概ね3~4ヶ月程度で納車までには最長5ヶ月程度が見込まれています。このため、諸事情などで、今すぐにでもハイエースが必要であったりする場合は、中古を検討するのも1つのアイデアになります。

 

 

 

 

 

ハイエースの中古を『トラブル』に遭うことなく入手する方法とは?

ハイエースの中古を『トラブル』に遭うことなく入手したいですよね。しかし、検討する際にも注意しておきたいことがあります。ハイエースの現行型は200系と呼ばれていますが、2型と呼ばれるディーゼル車は検討リストから外しておきたいです。ハイエースは2型からディーゼルエンジンが変更になりました。しかし、吸気系側のスロットルバルブ周辺にカーボンがたまったり、燃料がエンジンオイルに混入して、エンジンが不調になるケースがあります。また、3型後期より前のモデルまではイモビライザーが装備されていなかったりするため、盗難に遭うケースが極めて高いのです。なので、ハイエースの中古をトラブルに遭うことなく入手するには、3型後期モデル以降を検討すれば確実です。

 

 

 

 

ハイエースの中古をより『確実に』入手する方法がわかったのなら

ハイエースの中古をより『確実に』入手する方法はズバリ『プロに探してもらう』ことです。自分で条件にあったモノをネットや販売店を巡って探しても、必ずしもそれに見合ったものであるとは限らないからです。そこで市場にはネットには検索されない『非公開車両』からプロに探してもらうことで納得のいくクルマ選びを行いませんか?

 

>>>>>中古車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました