ハイエースのデメリットは乗用車からは見当もつかない『内容』とは?

ハイエース デメリット

ハイエースのデメリットは、おおよそ乗用車からは見当もつかない興味深い内容とぱっと思いつきやすい内容が混在していることがわかりました。

本記事では、ハイエースの『デメリット』を挙げれるだけリストアップして見たので、これから詳しく説明をしていきます。

 

ハイエースの『デメリット』を挙げれるだけリストアップしてみた!

ハイエースの『デメリット』を挙げれるだけリストアップしてみました。これから詳しく説明します。

 

いかにも商用車っぽい作りの『インテリア』

ハイエースの『デメリット』の1つ目として、いかにも商用車っぽい作りの『インテリア』が挙げられます。もっとも、オーティオレスで納車された暁にはオーディオカバーを有料で設定しないといけない有様です。しかし、スーパGLやGLに付属している『ステアリングスイッチ』に連動したナビはトヨタ純正ナビ意外にも存在します。なので、指定された純正ナビを取り付けなければならないというわけではないのです。

 

運転席の圧迫感

ハイエースの『デメリット』の2つ目は“運転席の圧迫感”があることです。というのも、運転する時にしっかり『ドライビングポジション』を合わせてしまうと、特に身長が高いユーザーは隙間が拳の1つも入らないからです。これに慣れていないと、常に窮屈を感じながら運転しないといけないため、思い切って割り切ることが必要です。

 

段差の突き上げ感

ハイエースの『デメリット』の3つ目は“段差の突き上げ感”があることです。現行型のハイエースにマイナーチェンジや年次改良を繰り返し行うことで、ある程度、改善はしています。特に、2013年にマイナーチェンジされた4型のスーパーGL 2WDでは、リーフスプリングのヘルパーリープと呼ばれる形状を変更しています。これによって、乗り心地の改善について、一定以上の効果は得られています。

 

夏は暑く冬は寒い

ハイエースの『デメリット』の4つ目は“夏は暑く冬は寒い”ことです。ハイエースのエアコンのパワーはかなり強力なのですが、車内空間がとっても広いため、夏はなかなか冷えにくいのです。冬はその真逆で、シートヒーターがオプション設定されていなければ、ステアヒーターもオプション設定されていないので、とっても暖まりにくいです。

 

盗難率の高さ

ハイエースの『デメリット』の5つ目は“盗難率の高さ”です。2017年11月に一部改良されたモデルでようやく『オートアラーム』が標準装備されるようになりました。現行ハイエースの1型、2型モデルは『イモビライザー』すら標準装備されやすいため、特にこの2つのモデルは内部セキュリティーを別途インストールするなど重点的な盗難対策が必要です。

 

 

ハイエースの『デメリット』を挙げた中で貴重な情報が得られたならば

ハイエースの『デメリット』を挙げた中で貴重な情報をしっかり把握することができたならば、『ハイエースオーナー』として独り立ちできるのはもうすぐそこです。

 

最もデメリットを感じにくいハイエースを見つけるのであれば、新車を購入してカスタムをすることが最も効率的です。自分だけのハイエースを形作って、後にも先にも人に誇れるマイエースをつくりませんか?

 

>>>>>車の買い取り査定サービス

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました