ハイエースを家族仕様に『満足して』仕上げる為の必要な情報とは?

ハイエース 家族仕様

ハイエースを家族仕様にして使うのであれば、趣味も寝泊りも両立することができる作りに仕上げたほうが断然お得感が高いです。そのような作りにできる基本情報を集めてみました。本記事では、ハイエースを家族仕様にするための最適なベース車両について詳しく説明していきます。

 

 

 

 

ハイエースを家族仕様にしたい!それなら最適なベース車両があります

『ハイエースを家族仕様にしたい』それなら最適なベース車両があります。それはズバリ『ワゴン』です。というのも、ワゴンは最大で10人乗り、かつスーパーロングタイプの『グランドキャビン』も存在するので、大家族にはうってつけなグレードです。アウトドアの趣味や車中泊をあわせて楽しみたいのなら、ニーズに合わせたカスタムを実施している専門店も数多く存在します。

 

 

 

 

 

ハイエースを家族仕様にカスタムする場合に使える『裏ワザ』とは?

ハイエースを家族仕様にカスタムする場合に使える『裏ワザ』を見つけました。実は、ハイエースバンのスーパーGLでもワイドボディ車であれば、ワゴンと同じ車格も存在するため、

構造変更を申請すれば、ワゴンタイプと同様の使い方をすることができます。さらに、ミドルルーフであるため、二段ベッド仕様にしてもそれほど圧迫感は感じられないため、5人以上の大家族でも安心できる仕様に仕上げることができます。オススメのカスタムコンプリートショップは大阪と神奈川に拠点を持つCRSです。とにかく、長年積み上げてきた実績やハイエースに特化した知識を蓄積しているため、お客様から抜群に高い評価を受けているカスタム専門店です。

 

 

 

 

ハイエースを家族仕様にカスタムする場合に使えるデメリットとは?

ハイエースを家族仕様にカスタムする場合に使える『裏ワザ』を使う場合、3つデメリットが存在します。1つ目はワゴン車にはディーゼルの仕様自体が存在しないため、ガソリン車一択になります。2つ目はハイエースバンのスーパーGLでもワイドボディ車には4WDのディーゼル車が存在しないということです。したがって、ディーゼル一択の場合、必然的に2WDしか選択できないため、行動範囲が制限されてしまいます。また、3つ目は、4WDはガソリン車しか存在しないため、燃費を気にしている方にはニーズのアンマッチが発生します。『行動範囲が制限されてしまうか』、『燃費を重視するか』はアウトドアの趣味に依存するため、ユーザーのニーズ次第です。

 

 

 

 

ハイエースを家族仕様にするための『基本情報』がわかったのであれば

ハイエースを家族仕様にするための『基本情報』についてまとめてみました。ベース車両はワゴンもしくはバンのスーパーGLワイドボディがおススメです。ただし、バンのスーパーGLは乗車定員の変更による別途構造変更の申請手続きが発生します。そして、仕様によって、ガソリン車、ディーゼル車だけでなく、4WDも存在しないバリエーションもあるため、選択にはニーズを絞られることも念頭に行わなければなりません。限られた仕様の中で最適なマイエースに仕立てませんか?

 

ハイエースの家族仕様を今すぐゲットするには、厳選された中古車から選択するのがベストパイです。ネット上では最新情報を入手することができないため、中古車選びのプロに任せて厳選された中古車をゲットしませんか?

 

>>>>>なびくる+

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました