ハイエースのグレーメタリックが発売されるようになった出来事とは?

ハイエース グレーメタリック

ハイエースでもグレーメタリックと呼ばれるカラーは現在のモデルが発売された当初から存在していたわけではありません。あるタイミングをきっかけに登場することになったのです。本記事では、ハイエースのグレーメタリックが登場した『バックグラウンド』について詳しく説明していきます。

 

 

 

 

ハイエースのグレーメタリックが登場した『バックグラウンド』とは?

 

ハイエースのグレーメタリックは実を言うと、現行モデルが1型として発表されたときから存在するカラーではありません。もともとは『ダークグレーマイカメタリック』というカラーでほとんどブラックに近いものが市販されていたのです。

そして、1型から2型へマイナーチェンジした時にダークグレーマイカメタリックが廃止され、代わりにブラックマイカグレーメタリックが設定されたという流れで、現在に至ります。グレーメタリックシルバーマイカメタリックのカラーを少し薄くしたイメージです。

 

 

 

 

ハイエースのグレーメタリックが誇る『優秀な』メリットとは?

ハイエースのグレーメタリックが誇る『優秀な』メリットについて調べてみました。これから詳しく説明をします。

 

バンのスーパーGLだけしか設定がない

実はこのグレーメタリックはバンのスーパーGLだけの設定で、非常に稀少性が高いカラーといっても過言ではありません。また、特別仕様車のダークプライムはグリルカラーが通常のスーパーGLと比較して色が濃いため、グリルとボディーの色合いがベストマットです。

 

商用車っぽくない

ハイエースのグレーメタリックはブラックマイカよりも激しくなく、かつ商用車っぽくないのでバランスのとれた落ち着きのある色です。また、ホイールなど外観のドレスアップにも色合いを統一することができるため、魅力的なカラーです。

 

 

 

 

ハイエースのグレーメタリックのチョット残念な『デメリット』とは?

ハイエースのグレーメタリックのチョット残念な『デメリット』を調べてみました。これから詳しく説明をします。

 

街中では意外と見かけない

ハイエースのグレーメタリックはホワイトなどと比べると街中では意外と多く見かけません。ハイエースにもバンやワゴンおよびDXやスーパーGLなど色々な車型やグレードが存在するため、一概にも『頭数』が多いとは限らないのです。

 

サーファーからすると見分けがつきにくい

グレーメタリックは傷や汚れが目立ちにくいため、サーファーからよく選ばれるカラーの1つです。しかし、いざサーフィンを終えてクルマに戻った時、ナンバープレートをしっかり覚えていないと、わからなくなってしまい場合もあります。

 

 

 

 

ハイエースのグレーメタリックが少しでも気になっているのであれば

ハイエースのグレーメタリックが少しでも気になっているのであればメリット・デメリットをあわせて検討しても、やはり購入する価値はあります。ホイールのカラーも合わせると地味なカラーがジェントルなカラーに大変身するため、非常に魅力的な外観に様変わりします。

 

ハイエースのグレーメタリックを少しでも安く買い求めるには愛車を高く買い取ってもらう必要があります。筆者も以前所有していた愛車を手放すときに一括査定サービスを使用したことがありましたが、なんと相場よりも20万以上も高く買い取ってもらうことに成功したのです。

ハイエースのグレーメタリックをゲットして、男のロマンを満喫しませんか?

 

>>>>>Goo買取 中古車査定プロモーション

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました