ハイエースの保険料を効率よく運用するために欠かせない条件とは?

ハイエース 保険料

 

ハイエースの保険料は、『ある2つの条件』によって見積もりの際に大きく違いが表れることがわかりました。その一方で、ある保険も有効活用する必要があることがわかったのです。本記事では、ハイエースの保険料を『できるだけ』抑えるために必要な条件について詳しく説明していきます。

 

ハイエースの保険料を『できるだけ』抑えるために必要な条件とは?

ハイエースの保険料をできるだけ抑えるために必要な条件は3つあります。『保険等級』、『レジャー用での使用』、『1年間での年間走行距離』です。保険等級は無事故かつゴールド免許を所持し続けていれば等級は上がるため、所有年数が多くなれば必然的に保険料は下がっていきます。また、ハイエースは主に業務・プライベート兼用で使用される方がほとんどです。業務での使用を14日以内であればレジャー用に切り替えることができます。これによって、ハイエースの保険料を抑えることが出来るか結構変わってくるのです。そして、1年間での年間走行距離は保険会社によっては3000キロ~、5000キロ~、10000キロ~と細かく設定できる会社もあります。しかし、ハイエースは走行距離が長くなりやすいクルマの1つであるため、10000キロ~の設定になってしまいがちです。

 

 

 

 

ハイエースの保険料を『相場』ではどのくらいなのか調べたみたところ

ハイエースの保険料の相場について一体どのくらいなのか調べてみました。ここでは保険料の中でも任意保険についてお話をします。もちろん、保険の仕組みとして、保険の等級が低ければ低いほど保険料も高くなりますし、無事故で保険の等級が高くなっていくほど保険料も下がっていきます。

 

 

例えば、ハイエースバンの4ナンバー車をアクサ損害保険で保険等級10等級かつ業務用の使用であれば、年間でおよそ10万円程度に落ち着きます。また、ハイエースワゴンの3ナンバー車も保険等級10等級かつレジャー用の使用であれば、年間でおよそ10万円程度に落ち着くことがわかりました。内訳としては車両保険が半分の5万円程度になります。なぜ、ここまで車両保険が高いかというのは盗難率の高さ故です。

 

とにかく常日頃、盗難の可能性を秘めているハイエースは車両保険をケチらずに加入しておくことをおすすめします。

 

 

 

 

ハイエースの保険料を考える上で車両保険は必要不可欠である理由は?

ハイエースの保険料を考える上で、車両保険が必要不可欠である理由は、『盗難の可能性を秘めているから』です。ハイエースは盗難率・盗難台数ともに年間でワースト3に入るクルマなので、一般車両保険をケチらずに加入しておけば、万が一、盗難された場合でもいざという時の『お守り』として使用することができるからです。間違っても、エコノミータイプの車両保険には加入しないようにしておくことも必要です。というのも、盗難の場合に保険が適用されないからです。しかし、一般車両保険でも注意しておきたいのは、適用できるケースが『偶然』かつ『無過失』ということです。要するに、ハンドルロックやセキュリティーなど盗難対策をしっかりしておいて、施錠していた場合のみ車両保険の対象となります。しかし、持ち場を離れて施錠し忘れた場合などは、『偶然』かつ『無過失』の対象から外れる可能性があるため、一般車両保険が適用されない場合もあるのです。もちろん、盗難された場合は慌てずに、保険会社と警察に連絡をすることも忘れないで対応する必要があります。

 

 

 

 

ハイエースの保険料を見積もるために必要な条件がわかったなら

ハイエースの保険料を安く見積もるためには『保険等級のアップグレード』『レジャー用での登録』の2つが大きな割合を占めることがわかりました。確かに保険料を安く見積もることも重要ですが、いざという盗難対策の場合にケチらずに見積もる必要があるのです。

 

それでも保険料を安く抑えたいのなら、ユーザーの条件を叶えてくれる無料一括査定で条件を細分化してくれる会社を見つけることも1つの手です。保険の内容に見合った保険料でハイエースを守るためアイテムとして有効活用しませんか?

 

自動車保険一括見積もり 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました