ハイエースの口コミからトータルで検討してみてわかったこととは?

ハイエース 口コミ

ハイエースの口コミを調べました。当然、高い評価の内容と低い評価の内容に分かれますが、トータルで考えれば、やはり良いクルマであることが改めて分かる結果になりました。本記事では、はじめにハイエースの口コミで高い評価が得られた内容について、詳しく説明します。

 

 

 

 

 

ハイエースの口コミで高い評価が得られた内容についてまとめてみた

ハイエースの口コミで高い評価が得られた内容についてまとめてみました。詳しく説明します。

 

リセールバリューが高い

要するに『減価償却』を考慮した場合、『もと』を取ることが出来るかということです。ハイエースは新車を購入してから5年所有すると、お得な場合が多いです。

 

レジャー目的には最適

ハイエースにはほかの車を圧倒できる高い積載能力があります。この積載能力を活かしてキャンプやスキーなど、アウトドアの趣味を持ったレジャー目的にはうって付けのクルマなのです。

 

取り回しが楽

ハイエースはホイールベースが2570mm(標準ボディ)とコンパクトカー並に短い為、大きいボディサイズの割には小回りが利くため、取り回しが楽です。標準ボディ車は最小回転半径が5mであることから、いかに取り回しが楽であることがわかります。

 

維持費の安さ

ハイエースの口コミから『維持費の安さ』も魅力的であることがわかりました。バンタイプは自動車税も12300~と非常に抑えられており、燃費も大きい車体の割には(特にディーゼル車)は良いので、コンパクトカー並みの維持費に抑えられるため、大変魅力的です。

 

アフターパーツが豊富

ハイエースの口コミから『アフターパーツの豊富さ』も高い評価を得られるポイントであることがわかりました。とにかくホイールとタイヤのセット、フロントリップスポイラーの外装から、センターコンソールやベッドキットなどの内装まで、調べたらキリがないくらい多いことがわかります。

 

 

 

 

ハイエースの口コミで低い評価が得られた内容についてまとめてみた

ハイエースの口コミで今度は低い評価が得られた内容についてまとめてみました。詳しく説明します。

 

ディーゼルエンジンの加速のもたつき

ハイエースは200系になってからディーゼルエンジンが3回変更されています電子スロットルの追加やDPFやSCR触媒の追加で発進がもたついたり、加速が鈍化している傾向があります。

 

値段設定のわりに内装の作りが安っぽい

ハイエースは『商用車』というカテゴリーに括られるため、ほかの部品の耐久性を高めるために、どうしても内装の作りが犠牲になります。しかし、2018年8月6日に追加された『50周年記念アニバーサリーリミテッド』や『ダークプライムⅡ』では内装がブラックに統一され、質感が高められています。

 

乗り心地の悪さ

ハイエースの口コミで低い評価として散見されるのが『乗り心地の悪さ』です。乗用車に採用されるコイルスプリングではなく、積載量を重視したリーフスプリングが採用されているため、バネレートが高くなりがちです。

 

盗難率の高さ

ハイエースの口コミというよりも、どうしても所有して付いて回るのが『盗難率の高さ』が挙げられます。リセールバリューの高さからわかるようにハイエースは耐久性がとっても高いクルマである故に、盗難が後を経ちません。日頃から盗難の対策を立てておく必要があるのです。

 

 

 

 

 

ハイエースの口コミで高い評価と低い評価の内容がわかったなら・・・

ハイエースの口コミで高い評価を5つ、低い評価を4つそれぞれの内容についてまとめました。低い評価があるといっても、盗難される可能性があるといっても、万が一のために車両保険に加入しておけば良いだけです。その他の低い評価も購入目的の必要性を明確にしておけば、さほど気になるようなことはありません。

 

 

ハイエースの口コミに惑わされず、購入を検討しているのなら、やっぱり誰が憧れる『新車』が良いですよね。今まで所有していた愛車を無料一括査定に出すことで、高い見返りを求めて、頭金に組み込むのも1つの方法です。ハイエースというクルマを自分の手で改造してマイハイエースいわゆるマイエースに仕立てませんか?

 

>>>>>満足価格!車買取

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました