ハイエースのメリットは乗用車にはない!その唯一無二の内容とは?

ハイエースのメリットは、おおよそ乗用車からは得られない唯一無二の内容であることがわかりました。要は、ハイエースポテンシャルは永久に不滅であるということです。

本記事では、ハイエースの『メリット』を挙げれるだけリストアップして見ましたので、詳しく説明していきます。

 

 

 

 

ハイエースの『メリット』を挙げれるだけリストアップしてみたところ

ハイエースの『メリット』を挙げれるだけリストアップしてみました。これから詳しく説明します。

 

古さを感じさせないエクステリア

ハイエースの『メリット』の1つ目は” 古さを感じさせないエクステリア”です。現行のハイエースは2004年から発売されていますが、マイナーチェンジや一部改良を重ねながら、常に進化を重ねています。基本的な構造は変わらないながらもエクステリアは時代の流れをしっかりキャッチしていることができています。

 

運転の見晴らしが良い

ハイエースの『メリット』の2つ目は”運転の見晴らしが良い”ことです。ハイエースはどちらかといえば乗用車よりも、むしろ2tトラックなど商用車に比重を置いた作りをしているため、アイポイントが高くなる傾向にあります。ですので、必然的に運転の見晴らしをよく感じることができるのです。

 

カスタムポテンシャルの高さ

ハイエースの『メリット』の3つ目は“カスタムポテンシャルの高さ”ことです。現行型のハイエースになってからは特にエクステリア、インテリアともにカスタムパーツが豊富に取り揃えられるようになってきました。また、なんといっても便利なのはマイナーチェンジや一部改良しても、流用できるパーツが多いということから、ハイエースからハイエースに乗り換えするときはカスタムパーツをそのまま移植することもできるのです。

 

荷物をたくさん運べる

ハイエースの『メリット』の4つ目は“荷物をたくさん運べる”ことです。特に荷室の長さは300cmから354cm(セカンドシートを倒した状態)、荷室の幅は152cmから173cm、荷室の高さは132cmから163.5cmと乗用車からは考えられないような『巨大空間』が得られます。この諸元から、荷室部分の使い方は『十人十色』でベッドキットを積んだり、ルーフ部分にオーバーヘッドコンソールをインストールすることができます。

 

買取価格の高さ

ハイエースの『メリット』の5つ目は“買取価格の高さ”です。ハイエースのウリは耐久性の高さと海外のニーズの高さです。この2つの需要が買取価格の高さにつながっているため、手放すことを検討して、ほかのクルマに乗り換える時も大きなアドバンテージを得られます。

 

 

 

 

ハイエースの『メリット』を挙げた中で有益な情報が得られたならば

ハイエースの『メリット』を挙げた中で有益な情報が得られたならば、もう立派な『ハイエースユーザー』の一員であることは間違いでありません。

 

最も早く理想にあったハイエースを見つけたいなら、新車を購入してカスタムをすることが一番てっとり早いです。自分だけのハイエースを手に入れて、後にも先にも流通しないマイエースにしませんか?

 

>>>>>満足価格!車買取

コメント

タイトルとURLをコピーしました