ハイエースのモデリスタが使用されている車両を求めるベストな方法

ハイエース モデリスタ

ハイエースのモデリスタに関するパーツを使いたいと考えているならば、外観と車内それぞれ2つのジャンルに分けられます。特に、アウトドアの趣味を持っているならおすすめのパーツです。ここの記事では、まずハイエースのモデリスタの中でも最も「実用性」の高いパーツについてわかりやすくお話しをしていきます。

 

 

 

 

ハイエースのモデリスタの中でも最も「実用性」の高いパーツとは?

ハイエースのモデリスタの中でも最も「実用性」の高い3つのパーツを見つけました。1つは、外観に関わるパーツで、残りの3つは車内に関わるパーツです。これからわかりやすく説明をしていきます。

 

フロントリップスポイラー

社外品には出すことができないほどモデリスタの純正パーツは品質が高く、車両にマッチングします。当然、取り付けるのと、そうでないのとでは外観のオシャレに差が出てくるため、スッキリさせておきたいなら、取り付けておくに越したことはありません。もし、フロントリップスポイラーを装着しないでバンパーをこするよりも、フロントリップスポイラーをつけたほうがバンパー保護にもなりますので、一石二鳥なのです。

 

ベッドキット

こちらもモデリスタの純正パーツとして発売されています。モデリスタのその他のパーツと色づかいを合わせているため、おしゃれな内装に生まれ変わります。普段はたたんでおき、使うときになったら展開するタイプのモデルです。ベッド1枚あたりの耐荷重は100kgまでです。モデリスタのベッドキットはシングルタイプとダブルタイプの2種類から選択することができます。ただし、走行する際は足の部分が折り畳まれてしまうと、ベッドが破損する恐れがあるため、注意する必要があります。

 

LEDダウンライト

コチラもモデリスタの純正パーツの1つです。荷室部分に4つ、後部座席部分に2つ、それぞれLEDダウンライトが追加されます。ハイエースの室内灯はもともとハロゲンで、LEDに交換すれば、かなり車内は明るくなりますが、LEDダウンライトを装着すれば、鬼に金棒です。特に車内で探し物をする場合、室内灯だけでは光を照らす部分が狭くなりがちなので、LEDダウンライトで補ってあげることで、不足部分を補うことが出来るのです。

 

 

 

 

ハイエースでモデリスタの中でもあれば『嬉しい』使えるパーツとは?

ハイエースでモデリスタの中でもあれば『嬉しい』使えるパーツは『サブバッテリーキット』です。ただし、後付けでは対応してもらえないため、注文時にオプションとして選択しておく必要があります。また、このサブバッテリーは走行しないと充電されない仕様になっているため、この仕様を念頭に入れておく必要があります。完全充電されるまで5~6時間で、目的地までに充電され、使うことが出来れば十分な作りとなっています。

インバータの出力が350Wまでのため、ワット数の大きい電化製品などは使用することができません。実際に使用できる時間の目安は例えば、ケータイを184時間充電可、タブレット端末を92時間充電可、50Wの電気毛布を12時間使用可といったケースです。遠出の車中泊を考えているユーザーにはおすすめです。サブバッテリーの寿命はおよそ2年なので、交換については指定のコールセンターに問い合わせる必要があります。

 

 

 

 

ハイエースのモデリスタが搭載されたモデルをすぐに求めているのなら

ハイエースでモデリスタが搭載されたモデルをすぐに求めているのなら『中古車』を購入する方法がベストです。

 

なかでも希望の条件を入力し、自分で探す手間を省くことができる方法がもっともベストです。さらには市場には流通しない、質の高い非公開情報を優先的に提供してもらえるだけでなく、アフターサービスや保証が充実させたいですよね。

 

まずは、自分自身で情報をゲットする前に、情報を入力して手軽に探してもらうことから始めてみませんか?

 

>>>>>なびくる+

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました