ハイエースはおすすめ!その『具体的な』3つの詳細な内容とは?

ハイエースのおすすめについてどのようなところがあるか、詳しい内容を調べてみました。そうしたら3つのジャンルに分類されることがわかりました。ですが、同時にデメリットも持ち合わせていることもわかったのです。ここの記事ではハイエースのおすすめに関する詳細とはどのようなものか、詳しく説明します。

 

 

 

 

ハイエースのおすすめについての「詳細」とは?詳しく調べたところ

ハイエースのおすすめについての「詳細」とは?詳しく調べたところ3つのジャンルに分けることができました。これから詳しく説明します。

 

グレード

1つ目は「グレード」です。当然ながら内装もしっかりした作りをしている『スーパーGL』がおすすめです。プライベートユーザーのほとんどは『スーパーGL』を選択しています。ほかのグレードでオプションをたくさんつけてしまうと、スーパーGLの方が実は「おトクでした」っていう場合が多々あるからです。

 

駆動方式

2つ目は「駆動方式」です。最も重要なのは4WD車を選択することです。商用車の特性上、荷物を積載するためにリア荷重が軽いため、砂浜や雪道、急勾配の登坂路でスタックするケースがあるため、FR車の場合は走行する場所に神経を使う場面が出てきます。

 

カスタム

3つ目は「カスタム」です。ハイエースは数え切れない程のカスタムアイテムが存在します。自ら後付けでカスタムするのも1つのアイデアですが、ハイエースをカスタムショップで購入するのもまた、アイデアの1つです。それぞれの趣味や目的に合わせたカスタムショップが全国各地に点在しています。また、1番のメリットはアイテムを一括購入しているため、原価を下げることができ、アイテムが付いた状態の車両でもディーラーとほとんど同じような価格帯で購入が可能です。また、県外でカスタムショップに点検や車検を依頼することが難しい場合でも、最寄りのディーラーに対応してもらえることができるため、アフターサービス対応の柔軟性も持ち合わせています。

 

 

 

 

ハイエースはおすすめ!でも当然デメリットも持ち合わせているのです

ハイエースはおすすめです。が、しかし当然デメリットも持ち合わせています。それは『乗り心地の悪さ』、『盗難率の高さ』です。これから詳しく説明します。

 

乗り心地の悪さ

ハイエースは乗用車ではなく“商用車”なので、当然積載重量に耐えれるだけの設計になっています。その証拠となっているのが、リーフスプリングです。純正のバネレートでは高めの設定にしているため、後部座席に乗っているとどうしても突き上げられる感覚があるため、乗り心地ではミニバンやワゴンにはどうしても劣ってしまうのです。乗り心地の悪さを改善するためには「コンフォートリーフ」と呼ばれるリーフスプリングに交換する必要がありますが、構造変更の対象となってしまうため、手続きにも手間が発生してしまいます。

 

盗難率の高さ

「ハイエースを所有する」=「盗難には常に気を配る」ことを忘れてはいけません。ハイエースは海外でも需要が高いため、盗難グループの格好の対象になるからです。まず、盗難に遭ったら、その車両は間違えなく手元に戻ってはきません。特にイモビライザーが装備されていない型式は十分注意する必要はありますが、盗難グループも“イモビカッター”というアイテムを使って、目をつけた車両なら、どんな手段を使ってでも盗難してくるのです。この場合、社外セキュリティを使っても、盗難グループには無効なので、物理的なアイテムで対策するしかありません。

 

 

 

ハイエースのおすすめできる内容を踏まえて「改めて」検討するならば

ハイエースのおすすめはスーパーGLの4WD車をカスタムショップでアレンジすることです。もちろん乗り心地対策や防犯対策をするのが最も良いですが、理想にあったものをピックアップすることが必要です。

最も早く理想にあったハイエースを見つけたいなら、非公開車両から探すことがオススメです。理想の条件をピックアップし、最適なハイエースを見つけてくれるだけでなく、アフターサービスも充実しています。理想のハイエースで全国を駆け巡りませんか?

“ハイエースはおすすめ!その『具体的な』3つの詳細な内容とは?” への 0 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です