ハイエースの値引きを『効率良く』引き出すための2つの方法とは?

ハイエース 値引き

ハイエースの値引きについて調べてみました。もともと人気車であるハイエースは値引きを渋る傾向にあります。しかし、値引きを引き出す方法を2つ見つけました。ここの記事で、はじめにハイエースの値引きに関する『実態』を詳しくまとめてみましたので、詳しく説明します。

 

 

 

 

ハイエースの値引きに関する『実態』を詳しくまとめてみたところ

ハイエースの値引きに関する実態について詳しくまとめてみました。主にディーラーで購入する場合と、カスタムショップで購入する場合の2つに分かれます。それぞれで購入する値引きの実態について詳しく説明します。

 

ディーラーで購入する場合

ディーラーで購入する場合、車両価格の値引きは相場で25万円です。そこからメーカーオプションやディーラーオプションを含めて40万程度の値引きとなります。さらに決算セールやボーナス商戦などの時期で値引きしてもらえて最大で5万円程度です。これらの条件を最大限活かして50万円前後の値引きしてもらえれば御の字です。

 

カスタムショップで購入する場合

カスタムショップで購入する場合、パッケージセットで購入すると、パーツが全部無料でついてきて、もともとの車両価格と同じというケースが多いです。もちろん、そのパッケージの中に必要としないパーツがあれば外して、ナビなどの装備品をグレードアップしたりできます。また、あるカスタムショップのパッケージセットでは、ハイエースの『純正アルミホイールとタイヤASSY』と『ドレスアップ用のアルミホイールとタイヤASSY』の差額がたった1万円というケースもあるため、交渉内で思わぬ情報を聞き出せたりできます。需要を満たしていれば、非常にお買い得感が高いパッケージも準備されています。

 

 

 

 

ハイエースの値引きに関する『詳細』を詳しくまとめてみたところ

ハイエースの値引きに関する詳細について詳しくまとめてみました。主にディーラーで購入する場合と、カスタムショップで購入する場合の2つに分けて詳しく説明します。

 

ディーラーで購入する場合

メーカーオプションである『アクセサリーコンセント(AC100V・100W)』を商談成立前に入れて無料にしたケースもあったり、ディーラーオプションであるカーナビを2~3割引に値引いてくれます。また、納車時に燃料満タンにしてもらって、その分の差額を回収して、実質的な値引きにできるケースもあります。

 

カスタムショップで購入する場合

ディーラーとは異なり、メーカーオプションや燃料満タン分の差額を回収し、値引きにすることは難しいです。というのも、セットに付属するパーツをつけること、実質無料としているため、その他のパーツでは値引きを引き出すことはできないのです。てっとり早い方法は商談成立前提で付属するパーツの中で値引きを引き出したりするくらいで、選択肢が意外にも制限されます。

 

 

 

 

ハイエースの値引きが成功!その先にあるもっと『重要な』ことは?

ハイエースの値引きが成功しても、それで終了ではありません。ハイエースを長期間使用するためにはもっと重要なことを定期的におこなっていく必要があります。それは『メンテナンス』です。ハイエースの値引きがいくら成功しても、十分なメンテナンスを怠ったら、故障する可能性も高くなり、かえって割高になってしまいます。

新車購入後の1000km点検、6ヶ月点検、車検、5000~10000km毎のエンジンオイル、オイルエレメント交換やブレーキパッド交換などいくつもの消耗品を取り替えたりする必要があります。これらを怠ってしまうと、車検に通らなくなったり、エンジンの深刻な損傷の可能性、ブレーキの効力が低下して、クルマの減速度が出なくて、交通事故が懸念されます。重要なことは日頃のメンテナンスを十分に行うことです。

 

メンテナンスもエンジンオイル交換程度であればセルフで実施することもできますが、時間や労力を要するので、最寄りのディーラーやカスタムショップに依頼するのが最短方法です。ここで注意なのがディーラーではなく、カスタムショップで購入した場合、販売だけで、整備や車検など対応していないショップもあったりするので、安全策はディーラーに持込することです。

 

 

 

 

ハイエースの値引きした分を『効率的に』生かしてきたいのであれば

ハイエースの値引きした分を『効率的に』生かしてきたいのであれば、日頃のメンテナンスを十分に行い、故障を起こしにくくすることです。確かにディーラーよりもカスタムショップで購入したほうが軍配はあがりますが、肝心のメンテナンスを怠れば、すぐに差額が回収されてしまいます。

 

 

ハイエースの値引きを最も効率よく行うには無料査定を使うことです。現在乗っているクルマでも無料査定を同時に行えば、想定以上の取引を行うことができる場合が多数あります。一番査定の良い取引先から買い取ってもらって、購入の『足し』に当てませんか??

 

>>>>>車査定・買取の窓口見積もり

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました