ハイエースのセーフティセンスに搭載された詳細の機能3選!

ハイエース セーフティセンス

ハイエースのセーフティセンスについて詳しく調べてみたら、良いところ、悪いところが共存していることがわかりました。それは、2つのことが原因として挙げられます。

ここの記事では、ハイエースのセーフティセンスに織り込まれた『詳しい』内容についてわかりやすく説明をしていきます。

 

 

 

 

ハイエースのセーフティセンスに織り込まれた『詳しい』内容とは?

ハイエースのセーフティセンスに織り込まれた『詳しい』内容について、リサーチしました。その結果、ハイエースにはセーフティセンスの中でも「P」と呼ばれる上級グレードが搭載されていることがわかったのです。これからわかりやすく説明します。

 

自動ブレーキ

自動ブレーキは単眼カメラ&ミリ波レーダー(レーザーレーダーの場合も有り)を用いて自走車の速度や歩行者および車両の距離を考慮して減速の要求を行い、それに応じたブレーキをかける機能です。

セーフティセンスの上級グレードは自動ブレーキが必要とされた場合で、以下の役割を果たすことができます。

①歩行者検出が可能(セーフティセンスでも安価版の「C」は非対応)

②高車速域での作動が可能(Cは10~80km/hに対して、Pは10~180km/hまで対応)

③回避できる速度域が高い(Cは速度差30km/h以内に対して、Pは速度差40km/h以内)

 

オートマチックハイビーム(AHB)

道沿いに街灯がなく、暗くて先が見えない田舎道を走行する場合、対向車がいない場合は「ハイビーム」で走行する場合が多々あります。さらに、このような道を走行する場合、歩行者も検知しにくいということも挙げられます。しかし、対向車とすれ違う場合はハイビームをOFFにしてロービームに切り替える必要があるのです。それを単眼カメラで検知し、自動的にハイビームとロービームに切り替える機能がオートマチックハイビームです。

作動の条件はこちらです。

①ハイビームスイッチをONにする

②30km以上で走行する

③前方の視野が悪い道を走行する

④前方にヘッドライトが点灯した車がいないこと

⑤街灯の光が少ないこと

 

レーンディパーチャーアラート(LDA)

眠気などに襲われて、車線をはみ出しそうになってしまった場合、対向車と接触して事故になる場合があります。それを、単眼カメラが車線を認識して、事前に車線からはみ出しそうになったら警告を出してくれます。また、ウィンカーで車線変更する場合などはレーンディパーチャーアラートは作動しないので、安心して使用できます。

 

 

 

 

ハイエースのセーフティセンスに織り込まれた内容の不足部分とは?

ハイエースのセーフティセンスに織り込まれたパッケージでも「ある機能」が2つ織り込まれていないことがわかりました。それは『レーダークルーズコントロール』です。

 

なぜ、ハイエースにレーダークルーズコントロールが搭載されていないかリサーチしたところ、『車両総重量』において性能を満たすことができないからです。ハイエースは商用車であるため、1t近い荷物を積むケースがあり、その場合での減速がうまくいかないことがあるからです。

 

また、ハイエースのセーフティセンスのレーンディパーチャーアラートにはステアリング制御機能が付いていないのも不足部分です。これはハイエースのステアリングが油圧式の制御によるもので、電子制御と連動させることができないからです。

 

それぞれ、2つの不足部分はハイエースの基本設計の古さが原因です。2004年から販売されているため、セーフティセンスの上級グレードでも限られた機能しか搭載することができないというデメリットがあります。

 

 

 

 

ハイエースのセーフティセンスが搭載された仕様をゲットする方法とは

ハイエースのセーフティセンスが搭載された仕様をゲットする方法はたった1つです。それは『新車』でゲットするしか方法はありません。なぜなら、ハイエースのセーフティセンスが搭載された仕様は2017年12月から発売されたしようであるため、中古車市場ではほとんど流通していないからです。

 

ハイエースのセーフティセンスが搭載された仕様を『安価で』ゲットする方法は頭金を抑え、ローンの支払い回数を減らすことです。愛車を売却するときにできるだけ高く買取をしてもらい、夢のハイエースを楽にゲットできる方法を探し出しませんか?

 

⇒⇒⇒⇒⇒車の買い取り査定サービス UcarPac ローラ ホワイトver.

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました