ハイエースの洗車を『楽に』するために検討すべき最善な方法とは?

ハイエース 洗車

ハイエースの洗車をするためには思いつく限りでは2つの方法に絞られます。

しかし、それぞれの方法には良いところも悪いところもあり、『一長一短』なのです。

ここの記事では、はじめにハイエースの洗車を『楽に』するために検討したい前向きな方法について詳しく説明します。

 

ハイエースの洗車を『楽に』するために検討したい前向きな方法とは?

ハイエースの洗車を『楽に』するために検討したい前向きな方法はガソリンスタンドに洗車を依頼することです。そうすれば、その間に自分がやりたいことの時間を取ることもできるし、肉体的な疲れを感じることもなく、一石二鳥の方法なのです。しかし、海沿いに住んでいたり、海に行って、腐食環境に厳しい場所に行ってしまうと、毎週行う必要があるため、現実的ではありません。また、洗車機を使用するにしても、表面に傷がついてしまうことも考えられるため、購入後は特に躊躇してしまいます。そこで、現実的な方法としては手洗い洗車を行うしか方法はないのです。

 

 

 

ハイエースの洗車をするときに『本当に』必要なモノを調べたところ

ハイエースの洗車をする時に『本当に』必要なものとは一体何なのかを調べてみました。その結果、乗用車を洗車する時とはプラスアルファで必要になるものがある、ということがわかったのです。これからそのアイテムを厳選にピックアップし、説明していきます。

 

脚立

ハイエースの標準ボディ車は乗用車の『5ナンバー』に収まるサイズであるにも関わらず、3ナンバーのサイズと間違われるほどスペック以上に大きく見える車です。かつ、洗車容積がとっても広く、ルーフの洗車も『脚立』がなければ、まともに行うことができないのです。そこで、ルーフ部分の洗車を少しでも楽に行うことができるアイテムを見つけました。

 

 

この脚立、普通の脚立と違って、長さがあり、バランスよく設置できるため、ルーフの洗車をする時にはうってつけのアイテムです。なので、ハイエースのルーフ部分の洗車に本当に必要なのは『この』脚立です。

 

伸縮洗車ブラシ

先ほどご紹介したルーフの洗車の1アイテムとして有効な脚立ですが、実はこれだけでは十分とは言えません。通常の洗車用スポンジだと、脚立を何箇所かにずらして洗車する必要があるからです。それを省略化するために貢献してくれるのは『伸縮洗車ブラシ』です。文字通り、伸び縮みするのでルーフの洗車に大活躍が期待されるアイテムです。

 

高圧洗浄機

蛇口からひねった水圧では洗車汚れが十分に落ちない場合が多いです。特に、ハイエースは仕事だけでなく、趣味と兼用して使われることが多いため、乗用車と比較して過酷な使われ方が多いです。したがって、頑固な汚れとなり、完璧に汚れを落としきることが難しいのです。そこで、頑固な汚れを少しでも楽に落とすことが出来るアイテムがコチラです。

 

拭き取り用セーヌ

洗車し終わったあとに、気になるのが『水垢』です。汚れを落としたあとに、十分に拭き取らないと、水垢になってしまうので、吸水力の高い『拭きもの』で拭いてあげることが必要です。そこで、水垢を残すことなく、吸水力の高い『いいとこ取り』に重点を置いた、水泳用のタオルでも活躍するあの『セーヌ』と呼ばれるアイテムです。

 

 

 

 

ハイエースを洗車して、綺麗な状態を『キープ』出来る方法とは?

ハイエースを洗車して、綺麗な状態を『キープ』出来る方法は、ずばり『ガラスコーティング』です。ガラスコーティングをすれば、ボディをキレイにできることは間違いありません。もちろん、ガラスコーティングのパフォーマンスは当然、前後しますが、表面の状態をキープするためには最適なアイテムです。なお、納車されてから、塗装が十分に固まる期間が2~3ヶ月であるため、この期間を狙って、ガラスコーティングをするのがタイミングとしては『ベスト』です。

 

 

 

ハイエースの洗車に関するやり方を『十分に』把握したのなら・・・

ハイエースの洗車をこまめに行うことで、数年たっても新車に違いフレッシュな状態をキープすることができることがわかりました。

 

ハイエースを売却するときに、塗装の状態をきれいにしておくことも査定アップポイントにつながります。

まずは、ハイエースを洗車して綺麗な状態を維持しておいて、将来的な査定ポイントの1つの材料にしませんか??

 

>>>>>車の買い取り査定サービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました