ハイエースで車中泊をする場合に本当に必要な道具は『コレ』だ!

ハイエース 車中泊

ハイエースで車中泊をするなら、必要な道具は2つに分類されます。それは、『本当に必要な道具』もしくは『あればゆとりが生まれる道具』の2つです。ここの記事では、はじめにハイエースで車中泊するなら本当に必要となる道具はどのようなものか、詳しく説明していきます。

 

 

 

 

ハイエースで車中泊するなら本当に必要となる道具は絶対『コレ』!

ハイエースで車中泊するなら本当に必要となる道具について調べてみました。これから詳しく話をしていきます。

 

サンシェード

サンシェードを取り付けるための目的は3つあり、

プライバシーの保護

太陽の光が進入することを防止

冷たい空気や暑い空気を遮断

することです。

 

これらを満たすサンシェードを取り付けて、ハイエースの車中泊がより快適になり、あたかも家にいるような感覚を得られることができます。

 

LEDランタン

ガソリンタイプやガスタイプのランタンは車中泊する際、安全面を確保することができないため、車中泊には不向きです。また、長時間、ライトの明るさにも不安が有るため、従来のガソリンタイプやガスタイプのランタンよりもLEDランタンの方がおすすめです。コレがあれば、車内の暗さを一気に明るくしてくれることが期待できるため、オススメの道具です。

 

ベッドキット

ハイエースで車中泊をシンプルに楽しみたいのなら、両側にスチールフレームを設けてマットを設置したタイプで十分です。特にフレームの調節もできるため、高さのある荷物を収納する場合は、フレームを上げることができるため、柔軟な取り扱いが可能です。また、最近はスチールフレームの干渉音を防止し、インナースリーブを取り付けたタイプもあるため、音を気にする場合はインナースリーブタイプがオススメです。

 

 

 

 

ハイエースで車中泊する場合にあれば『ゆとり』が生まれる道具とは?

ハイエースで車中泊する場合にあれば『ゆとり』が生まれる道具をピックアップしました。これから3つの道具について詳しく説明をします。

フロアマット

キャンプ場で遊んだあと、すぐに社内に入ってしまったら、床が泥だらけになってしまうので、その状態を防ぐにはフロアマットが必要です。フロアマットでもカーペットタイプではなく、3Dタイプであれば、防水の材質を使用しているため、水に洗い流せば簡単にキレイにすることができます。

 

防虫ネット

ハイエースは車内空間が広いため、一旦虫が入ると、なかなか出て行きにくいタイプの車です。特に、夏場に車中泊をしていて、暑さ対策でスライドドアやリアゲートを開けていると、そこから虫が入り込んできやすいのです。なので、スライドドアやリアゲートに防虫ネットをセットするのがオススメです。

 

非常用電源

車中泊をする時、あればとっても便利なアイテムなのが非常用電源です。冬場の車中泊で電気毛布を使うこともできるし、パソコンの充電やスマホの充電にも一役買って出ることができるだけでなく、小型の冷蔵庫も使える、使い勝手の良いアイテムです。

 

 

 

 

ハイエースで車中泊したいなら『すぐに』行える具体的な方法とは?

ハイエースで車中泊したいなら『すぐに』行える具体的な方法があります。それは、ハイエースで車中泊することができる『中古』タイプを選択すればよいのです。しかし、インターネットで掲載されている中古車の情報は全体の30%程度に過ぎす、条件にあったものを探そうとすると、限りがあります。そこで、残っている70%の非公開情報から2日以内にすぐに探してくれるベストな方法をピックアップできます。最適な条件から中古車を割り出して、ハイエースで車中泊の旅にひとっ飛びしませんか?

 

>>>>>なびくる+

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました