ハイエースのスライドドアについて詳しく調べてわかった『発見』とは

ハイエースのスライドドアは、車両のタイプによって、標準で電動化されているものとそうでないものが存在することがわかりました。本記事では、ハイエースのスライドドアについて詳しく調べてみたところ、意外な発見をすることができましたので、詳しく説明してきます。

 

 

 

 

ハイエースのスライドドアについて詳しく調べてみたところ・・・

ハイエースのスライドドアについて調べてみました。現行の200系と呼ばれるハイエースには1型から5型と呼ばれる型式が存在します。ワゴンとコミューター、グランドキャビンには電動スライドドアが、もともと標準装備されていました。しかし、バンには4型になるまではスライドドアが電動化されたものが標準装備もおろかオプション装備もありませんでした。しかし、4型にマイナーチェンジされてからようやく一部のグレードでオプション装備することができるようになったのです。

 

 

 

 

ハイエースのスライドドアが電動化されることによるデメリットとは?

ハイエースのスライドドアが電動化されることによって、デメリットになる場合があります。それは、『小窓がつかなくなること』です。もちろん、電動化されることで完全開閉することしかできなくなる問題は、電動化スイッチをOFFにすれば良いだけなのです。しかし、車中泊などで、網戸をつけて小窓を開けて換気を良くしたい場合などはスライドドアが電動化されたオプション設定するのは、ユーザーによっては不向きな場合があるのです。もちろん、ハイエースの部品は多岐にわたるため、小窓がついたガラス窓に交換するという方法もありなのですが、財布に優しくないケースがほとんどです。

また、常に荷物の配送などで時間勝負しなければならないドライバーなどもスライドドアが電動化されたものを使用すると、タイムロスとなり、ストレスを感じてしまうこともあります。

 

 

 

 

ハイエースのスライドドアが電動化されたメリットって一体何なのか?

『ハイエースのスライドドアが電動化されたメリットって実はないんじゃあないの?』っていうふうに思いますよね?確かにユーザーによっては目的に応じた使い方が異なるため、必要性を感じないケースもあります。しかし、家族で使用する場合、女性や小さい子供がスライドドアを開けることができない場合などには電動化されたものは重宝します。さらにたくさん買い物をして両手がふさがってしまっている場合もリモコンを使って操作することができます。ここではメリットを2つほどピックアップしましたが、電動化されたメリットはいくらでもあり、デメリットとは紙一重なのです。

 

 

 

ハイエースのスライドドアが電動化されたものが気になるのであれば

ハイエースのスライドドアが電動化されたものが気になるのであれば使い勝手と必要性のバランスを要検討することが必要です。2つのマッチングが合えば、付ける価値は大いにあります。

 

 

ハイエースを新車で買い求めると、即納車両でない限りは3~4ヶ月の納期を必要とします。そこで、今すぐ必要である場合は厳選された中古車両がおすすめです。

ハイエースのスライドドアが電動化されたモノを所有して、ちょっとしたハイテク気分を味わいませんか?

 

>>>>>なびくる+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です