ハイエースの走行距離を『最大限に』活かすことができる方法とは?

ハイエース 走行距離

ハイエースの走行距離について調べてみました。その結果、大まかに分けると正反対の2つの活かし方あることがわかり、用途や目的によって活かし方の『違い』が表れます。本記事では、ハイエースの走行距離って実際のところどのくらいなのか調べてみましたので、わかりやすく説明します。

 

ハイエースの走行距離って実際のところどのくらいなのか調べてみた

ハイエースの走行距離って実際のところどのくらいなのか気になりますよね。もちろん用途によって走行距離が伸びたり、伸びなかったりします。調べたら、2つのことがわかりましたので、これから説明します。

 

耐久性はガソリンもディーゼルも大差ない

ハイエースの走行距離は国内では20~30万kmとされています。実はエンジンの耐久性はガソリンもディーゼルも大差ありません。ガソリンエンジンの型式は「TRエンジン」と呼ばれているものですが、耐久性にはピカイチの性能を誇ります。また、ディーゼルエンジンと違って、部品点数も少なく、タイミングベルトも搭載されていません。このため、点検費用等のコストを抑えられることもメリットの1つです。要するに、パワトレ関連のオイル交換など、こまめな整備を行っていれば、走行距離の限界はないのです。あえて挙げるとしたら、ガソリンとディーゼルの性能差です。重い荷物を積んだり、登坂路を走行した場合は、トルク性能の差でガソリン車はどうしても不利になります。

 

海外では100万kmオーバーは当たり前

ハイエースは国内だけでなく、国内で使用された20~30万km走行した車両が海外にも輸出されて使用されています。海外では日本よりも使用環境が過酷で(高温多湿、山間部、砂漠、寒冷地など)あるにも関わらず、交通インフラの代表的な一角を担っているのです。

また、海外では日本と異なり、荷室部分に20人以上載せて走行したりするため、重量に耐えられる足回りの設定になっています。あらかじめハイエースは走行距離が100万kmをオーバーすることを見越して設計されているため、耐久試験もほかの車とは1桁違う回数で行われています。

 

 

 

 

ハイエースの走行距離に関係なく『賢く』所有する方法とは?

ハイエースの走行距離に関係なく『賢く』所有する持ち方は2つあります。自動車税を抑えること、資産運用として高値で買取りしてもらうことです。詳しく説明します。

 

自動車税を抑える

ハイエースの自動車税はガソリン、ディーゼル関係なく、バンは16000円です(ワゴンは51000円、登録して11年目以降は1割割増)。バンの自動車税は最大積載量が増えていくほど割増傾向にありますが、排気量に全く依存しないのです。そうすると、力強いトルクを味わうことが出来るディーゼルの方がいいのです。

 

資産運用として高値で買取りしてもらう

ハイエースは走行距離に関係なく高値で取引されています。ランドクルーザーもそのうちの1つですが、他の車は5年も所有したら価値はほぼゼロになります。しかし、ハイエースは海外にも輸出されるため、5年乗っても10年乗っても関係なく、高値で買取りしてもら得るため、資産運用にもなるのです。

 

 

 

 

ハイエースの走行距離を『気にすることなく』所有したいのであれば

ハイエースは走行距離が伸びても、抜群の耐久性を誇るため、メンテナンスをしっかり行っていれば、トラブルを起こすことなく走行してくれます。また、税金を安く抑られるため節税対策にもなったり、高値で買取りしてくれるクルマなので、資産運用としても有効です。用途と目的が合致してしまえば最強の『一挙両得』のアイテムになります。

 

 

ハイエースの走行距離を『気にすることなく』所有したいのであれば、やっぱり『中古車』がお勧めです。納車の期間が新車と比べてぐっと短いため、乗り出すまでの期間を短縮できるからです。中古車選びのプロにまかせて厳選された質の高い非公開車両で用途や目的を最大限に活かしませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました