ハイエースでトランポをするときに明確に役立つマストアイテムとは?

ハイエース トランポ

ハイエースでトランポするために必要なマストアイテムを見つけました。それは、車を汚すことなく、車中泊も同時にできる夢が詰まったアイテムです。本記事では、ハイエースでトランポするために必要な2つのマストアイテムについてわかりやすくお話しをしていきます。

 

 

 

 

ハイエースでトランポするために必要な2つのマストアイテムとは?

ハイエースでトランポするために必要な2つのマストアイテムがあります。これからその2つのアイテムについて分かりやすくお話をしていきます。

 

床張り施工

ハイエースでトランポするためには『床張り施工』がマストです。というのも床張りをしないでバイクを積み込んだ場合、フロア部分にタイヤ痕が残ったり、土や泥などの汚れが車の中に侵入してしまうからです。一番手早く済ます方法は『床張りキット』を購入し、DIYすることです。もし、DIYに不安がある人や時間がない人は、ハイエースのカスタムショップに依頼してもらうことも視野に入れる必要があります。

 

ベッドキット

ハイエースでトランポするためには『ベッドキット』も当然とマストです。しかし、バイクを荷室部分に積み込んでしまうと、どうしても片面スペースしか残らないというスペース上の問題が発生します。この場合、車中泊をする場合、横置きのベッドキットでは、バイクを積み込んで就寝することができないのです。しかし、跳ね上げ式のベッドキットを設置することで、スペースの問題は解決することができます。ベッドキットの設置も『DIY』もしくは『カスタムショップに依頼する』という2つの方法があります。

 

 

 

 

ハイエースがトランポに最も向いている『決定的な』理由とは?

ハイエースがトランポに最も向いている『決定的な』理由、それは『荷室部分の広さ』です。ハイエースはミニバンやワゴンタイプの乗用車とは異なり、ボンネットのスペースが極端に狭いキャブオーバータイプの車だからです。キャブオーバータイプはエンジンルームが助手席の下にあるため、ボンネットスペースが広い車と比べて、荷室部分を広くすることができるというメリットがあります。多くのユーザーはハイエースをトランポとして使用する場合は、『バン』タイプをカスタムします。『バン』タイプには標準、ワイド、スーパーロングと3種類あります。標準、ワイド車は2列目シートを畳んだ場合300cm、2列目シートを畳まない場合は185cm(最上級グレードのスーパーGLの諸元)です。一方、スーパーロングは2列目シートを畳んだ場合354cm、2列目シートを畳まない場合は207cmと広大なスペースを生み出すことができ、生活スペースにも使用できます。

 

 

 

 

ハイエースをトランポに使用するときに『注意』したいポイントとは?

ハイエースをトランポに使用するときに『注意』したいポイントを見つけました。スーパーロングは最上級グレード『スーパーGL』の設定がなくDXと呼ばれるグレードしかないため、防寒/遮音対策が必要です。一方、ハイエースは『ワゴン』、『コミューター』と呼ばれるタイプは防寒/遮音対策がされているグレードGLが存在します。しかし、乗車人員を変えるなど『構造変更』をする必要があるため、手間が掛かってしまうのです。どちらかといえば送迎用で使用される方が需要として多いので、トランポをベースとした車両にはあまり使用されないのです。

もし、防寒/遮音対策をする手間をかけず、床張りやベッドキットを積んでトランポに使いたい場合、スーバーGLグレードが最適です。また、床張りやベッドキット以外のカスタムをしたい場合は標準、ワイド、スーパーロングのDXグレードを選択すると良いです。

 

 

 

 

 

ハイエースをトランポで使用するときに注目ポイントがわかったなら

ハイエースをトランポで使用するときに注目ポイントは以下の3つです。

床張り施工

ベッドキット

遮音・防寒対策

 

ハイエースをトランポですぐに使用するときは、中古車がおすすめです。新車は納期が延期されているため、トランポ生活を満喫するには我慢する時間が必要です。この3つの注目ポイントを頭に入れて、理想としているハイエースを探し、トランポ生活を満喫しませんか?

 

>>>>>なびくる+

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました