アウトドアの趣味をこれから始める場合に必要な『モノ』まとめ!

アウトドアの趣味は基本的には2つのカテゴリーに分かれます。その中でも特に楽しむことができる『オススメ』に出くわすことに成功しました。また、それと同時に必要なアイテムを運ぶものも揃える必要があるのです。

本記事では、アウトドアの趣味をこれから始める場合の『オススメ』をリストアップし増したので、詳しく説明します。

 

アウトドアの趣味をこれからやるときの『オススメ』をリストアップした

アウトドアの趣味をこれからやるときの『オススメ』をリストアップしました。いわゆる自然の中に入って楽しめることを目的とするのが一番重要です。2つのカテゴリーに分けて説明します。

 

陸で楽しむアウトドアの趣味

登山

登山は初心者が始めるハードルは低いので、人気があります。山は気候が変わりやすいため、ある程度の装備を持ち歩く必要があります。準備したい装備は緊急時に使用するものと合わせて9つです。

(1)登山用ザック

 

(2)タオル

 

(3)雨具

 

(4)ライト 

 

(5)水筒

(6)コンパス

 

(7)地図

 

また、いざという時には

(8)モバイルバッテリー

 

(9)非常食

を持っていけば安心です。

 

サイクリング

サイクリングは自分の足で風を切りながら進んでいく『爽快感』を味わうことができます。しかし、始めた当初は体力を消費しやすく、転倒によって、怪我のリスクが高くなります。また、タイヤがパンクしてしまうこともあるため、備えのために持ち物を準備します

(1)飲み物

 

(2)サプリメント

 

(3)ファーストエイドキット

 

(4)パンク修理を含む工具

 

(5)ヘルメット

(6)サングラス

(7)ウィンドブレーカー

 

が揃えば安心です。

 

 

海で楽しむアウトドアの趣味

ダイビング

ダイビングは海に住んでいる沢山の生き物と触れ合えることが一番の至福の時です。ダイビングに必要な装備品を以下に記載します。

(1)タオル

 

(2)マスク

 

(3)シュノーケル

 

の3点ははもちろん必要です。

 

本格的になると

(4)レギュレータ

 

(5)カメラ

 

も必要です。

 

サーフィン

サーフィンはエアリバースなど見たことがない人でも魅了されるような技から玄人好みのターンで魅了できる2つのパターンに分かれます。

必要なアイテムは

(1)サーフボード

(2)デッキパッチ

(3)フィン

(4)リーシュコード

です。

 

また、季節に応じて、冬は

(5)グローブ

(6)ブーツ

夏は

(7)ラッシュガード

 

合わせてリーフポイントでやるときは

(8)ケガ防止用のブーツ

も必要です。

 

 

ダイビング、サーフィンに必要な共通の装備品は水着とドライ、セミドライを含むウェットスーツです。

また、ダイビング、サーフィンは知らないうちに沖に流されることがあるため、要注意です。まずは始める前に体験用のスクールから始めることをおすすめします。

 

 

 

 

アウトドアの趣味を始めると持ち物がいっぱい!そんな時に必要なのは

アウトドアの趣味を始めると持ち物がいっぱいになってしまうことがわかりました。そんな時に必要なのは『クルマ』です。クルマがあれば、気が向けばいつでも行くことが出来るだけでなく、仲間を誘ってワイワイ楽しむこともできます。

 

 

 

 

アウトドアの趣味に必要な持ち物をクルマに積み込むと『ある問題が』

近場であれば軽自動車で、もちろんいいのですが、長距離走行するときは疲れを感じやすかったり、多く荷物を積めないため、案外向かなかったりします。また、全長のあるロードバイクやサーフボードは乗用車だと基本はルーフに積まないといけないため、走行時に気をつかいます。工夫をすれば車内に積み込むことができますが、特にロードバイクを車内に積んでおくと、トリムが傷付く恐れがあったり、タイヤを外して、車内に積んだりと一苦労です。また、サーフボードですが、ショートボードはそこまでではありませんが、特にファンボードやロングボードを車内に積み込む場合はインパネ部分まで突き出してくる場合があります。この場合、サイドミラーが見えない状態で走行しなければなりません。非常にストレスになる状態で運転せざるを得ないのです。

 

 

 

アウトドアの趣味に必要な持ち物を『手軽に』積めるクルマとは?

アウトドアの趣味に必要な持ち物を『手軽に』積めるクルマはずばり『ハイエース』です。ハイエースはワンボックスタイプの車で乗用車の作りとは一味違う車で、広大なスペースを作ってくれます。なので、ロードバイクやロングボードを手軽に積み込めることができます。また、トリムが傷つくのが心配な場合はトリムカバーも別途販売されています。

 

 

アウトドアの趣味に必要なハイエースはカスタムのポテンシャルも非常に高いです。ハイエースをカスタムするには、まず現在乗っているクルマを手放すことから始まります。数社の無料一括査定を受けてオークション状態を作り、一番条件の良い会社から買い取ってもらって、アウトドアの趣味に最適なマイエースにカスタムしませんか?

 

>>>>>ズバット車買取比較 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました