商用車の比較からわかった最も『オールラウンドな』クルマとは?

商用車の比較をするためには、多方面からのアプローチを行うことが重要です。そこで、詳しくリサーチしたところ、『ある傾向』が見えてきたのです。本記事では商用車の比較を行うときに必要とされる『重要な』条件があることがわかりました。詳しく説明をしていきます。

 

 

 

 

商用車の比較をしたい!そんな時に必要とされる『重要な』条件とは?

商用車の比較をする時に必要とされる『重要な』条件について調べました。その結果、3つの条件があることがわかったのです。詳しく説明します。

 

駆動方式

商用車は全国津々浦々で使用される場合がほとんどです。そのため、地域に応じた駆動方式でなければ使い物にならないことが多いのです。例えば、雪国で前輪駆動、もしくは後輪駆動のクルマは相性が良くないため、四輪駆動のクルマを使用することが必要です。もし、業務中にクルマがスタックして動けなくなった場合は、お客様に迷惑が掛かるだけでなくJAFにお世話になってしまうことが多いからです。

 

税金

もともと商用車は毎年車検があるものの、乗用車と比較して自動車税が安いため、陸運局で車検を通してしまえばかなり安上がりになります。もちろん所有年数が経過して、年式が下がってしまった場合には、車検専門店に持っていくことをおすすめします。

 

耐久性

商用車は貨物用の車として使用されるため、ハードユーザーにあたってしまうと、それなりに過酷な状況で毎日使用されます。その状況に耐えれるだけの『耐久性』が必要です。したがって、サスペンションのバネレートが高めに設定されており、空荷の状態で走行すると乗り心地が悪くなります。

 

 

 

 

商用車の比較から3つの条件が揃ったオールマイティーなクルマとは

商用車の比較の結果から『3つ』の条件が揃ったオールマイティーなクルマを見つけることができました。それはズバリ、世界のGLOBAL COMPANYであるトヨタ自動車の『ハイエース』です。もともと商用車全般の作りに長けているため、一度使用してから次に乗り換えるまでのサイクルが非常に長いことで有名です。このことからタフな作りをしていることがわかります。それは、ハイエースが輸出され、世界各国で大活躍していることからも伺うことが出来るのです。特にハイエースのディーゼル4WDは世界各国でも需要が有ります。10年落ちでも10万キロオーバーでも乗用車の買取価格からはおおよそ考えられないような値段になるため、乗れば乗るほど『トク』をすることができるのです。

 

 

 

 

商用車の比較から『ユーティリティー性』の高いクルマがわかったなら

商用車の比較をしてわかった重要な条件は『駆動方式』、『税金』、『耐久性』の3つです。3つの条件が揃ったユーティリティー性の高いクルマは言わずと知れた世界戦略車のハイエースです。プラスアルファで買取価格にも期待できるため、オススメの1台として所有してみてはいかがですか?

 

 

現在ハイエースの納期は最大で4ヶ月程度が見込まれているため、新車購入は首を長くして待っていなければなりません。そこで、即納可能なクルマは中古車です。厳選されたプロが選んだ最良のクルマをゲットして高い優位性を実感しませんか?

 

>>>>>なびくる+

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました