サーフィンの車で最適なのはコレ!それは世界中で知られた『車』だ

サーフィン 車

サーフィンで車を使うことはサーファーにとって数え切れない程の『メリット』をもたらしてくれることが、リサーチから分かったのです。本記事では、サーフィンで車を使う『目的』および数え切れない程の『メリット』がどのようなものかを詳しく説明をしていきます。

 

 

 

サーフィンで車を使う目的は?数え切れない程のメリットとは?

サーフィンで車を使う目的とは一体何なのでしょうか?入念にリサーチしたところ、数え切れない程のメリットについて、これから詳しく説明します。

 

時間・場所に縛られないこと

サーフィンはとにかく波の状態によって上達度合いがかなり異なるスポーツで、朝と夕方がベストコンディションになるケースが多いのです。そのため、公共交通機関を使っての場合、ベストコンディションに巡り会えないケースがたくさんあるのです。また、前日の夜中に移動して翌日の朝からサーフィン三昧を味わうことが出来るため、とにかく時間に縛られることがありません。また、目的のポイントがクローズアウトになっていたとしても、別のポイントに移動することができるため、無限の可能性を引き出せるのです。

 

荷物をたくさん積み込めること

海のすぐ近くに住んでいる場合を除いて、サーフボードやウェットスーツをもって移動するには車がもはや必要不可欠といっても過言ではありません。ですが、サーフボードは『長もの』に該当するアイテムです。ロングボーダーで車両空間が小さな車両にロングボードを積み込むのは難しく、ルーフにキャリアを設置して移動するのは、富んでしまう危険性があります。なので、ミニバンや1BOXなど車両空間に余裕があるものだったら、荷物を積み込むスペースも生まれるため、オススメです。

 

 

 

 

サーフィンの車に最適なのは?それはトヨタの『1BOX車両』だ!

サーフィンの車に最適なのはズバリ、トヨタの超有名な1BOX車両『ハイエース』です。何といっても“サーファーの4人に1人はハイエースを所有したい”という結果から最適な車に当てはまるということがよくわかります。また、ハイエースがほかの車両と比べて『ケタ違い』に優れているポイントは『積載量の多さ』と『カスタムパーツが豊富』です。特に積載量の多さを活かして、荷台部分にベッドキットを積み込んだり、同じく荷台部分にアシストグリップを設置して、サーフボードを積み込めることができます。なので、カスタム方法は人それぞれで『十人十色』なのです。

 

 

 

 

サーフィンの車に最適な『ハイエース』。でも注意しておきたいコトが

そんなハイエースですが、2つほど注意しておきたいコトがあります。それは、『盗難』と『スタック』です。詳しく説明します。

盗難

とにかくハイエースは盗難のカモにされやすい車の代表車種です。特に2013年までは7年連続で盗難台数ワースト1という不名誉な記録を打ち立ててきました。しかし、2012年のモデルからはイモビライザーが標準化されたため、盗難台数自体は減少傾向にあります。

 

スタック

ハイエースは後輪駆動車であるため、2WD車は舗装されているポイントでサーフィンすることが無難です。また、雪道に弱い為、雪国には行くことを控えることをすすめます。とにかく、後輪にしかトルクが配分されないため、柔らかい砂浜や雪国では意図した発進を行うことができず、最悪JAFにお世話になるケースもあります。なので、悪路など関係なく、どこでも行きたいと思っているユーザーは4WD車が必須です。

 

 

 

 

サーフィンに車は必要!その中でもオススメの車がわかったなら・・・

サーフィンに車は必要で、その中でも特にオススメの車がハイエースの4WD車です。できるだけ、ハイエースの4WD車を安く・早く求めるなら中古車がおすすめです。サーファーーの誰もが憧れるハイエースを購入して、ちょっとしたステータス感をゲットしませんか?

 

⇒⇒⇒⇒⇒なびくる+

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました