ハイエースのスーパーGLについて『サクッと』知ることが出来る情報

ハイエースのスーパーGLは1日1台必ず見かける、最もポピュラーな車の1つです。特にアウトドアを趣味にしている方には理想的な作りをしているのです。

ここの記事では、ハイエースのスーパーGLって一体どこが優れているのか、これからわかりやすくお話をしていきます。

 

 

 

目次

ハイエースのスーパーGLって一体どこが優れているのか調べてみた

ハイエースのスーパーGLはハイエースの中でも一番の売れ筋です。一部では『ハイエースって言ったらスーパーGLでしょ!』っていうくらいの勢いで7割の人が選択するほどです。ハイエースのスーパーGLは一体ほかのグレードと比べてどの部分が優れているのか調べてみました。

 

① 売却時の価格が他グレードよりも高い(特にディーゼル4WD)

② フロントグリル、ドアノブなどがメッキ塗装されており、他グレードよりも外観が豪華

③ フロントオートエアコン標準化

④ リアマニュアルエアコン標準化(冷暖房かなり協力)

⑤ LEDヘッドランプを選択できる

⑥ フロントフォグライトが標準装備

⑦ ドアステップカバー装備および荷台部分の内装トリム標準仕様

⑧ スライドドア&リアゲートにイージークロージャー標準装備

⑨ セカンドシートが他グレードに比べると厚みがあって疲れにくい(DXはベンチシートにような感じ)

⑩ 2WDだけリーフスプリングの『ペルパーリーフ』と呼ばれる部品の形状を変更しているため、若干乗り心地から改善されている

 

 

 

 

ハイエースのスーパーGLを検討するときに注意したいポイントとは?

ハイエースのスーパーGLを検討するときに注意したいポイントを調べてみました。これからわかりやすくお話していきます。

ディーゼル4WDを新車で検討する場合

とにかくハイエースのスーパーGLディーゼル4WDはビックリするくらいの価格です。現行モデル(200系と呼びます)の新車乗り出し価格は300万でしたが、現在は400万を簡単に超えてしまう価格です。200系が発売されてから14年が経過しますが、100万も値上がりしています。もちろん、内装を豪華にしたことやエンジン、トランスミッションの改良、横滑り防止装置の追加等による上昇ではありますが、裏を返せば、それだけハイエースという車が「ブランド」になっている表れでもあります。

 

ディーゼル4WDを中古車で検討する場合

こちらも同様にはビックリするくらいの価格で市場に流通しています。10年落ち修復歴有り10万キロ以上走行していても200万以上するのは当然な車両なのです。また、中古車は型によってDPF故障のトラブルが報告されているため、中古車を検討するなら、むしろ新車で検討したほうが良いのです。

 

同じ流通価格帯のライバル車との差

ハイエースは内装、外装ともに地味な設計であるにも関わらず、同じ流通価格帯の車両と比べるとかなり有名な車両を購入できることが知られています。ですが、ハイエースを検討するということは何かしらの使用用途が決まっているからであり、ほかの車からは替え難いものをゲットできることを見越して購入するのです。

 

 

 

 

ハイエースのスーパーGLを『できる限り』価格を抑えて購入するには?

ハイエースのスーパーGLを『できる限り』価格を抑えて購入する方法はズバリ『頭金を多く出す』ことです。頭金を多く出すには愛車の買取価格をできる限り高く見積もってもらう必要があります。しかも、連絡が来るのは1社のみで、手間をかけずに「winwin」な取引を行うことができます。賢く車査定を行い、理想的な購入をしてお金には変えられない「Priceless」な過ごし方を楽しみませんか?

>>>>>グー買取

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる