ハイエースのタイヤについて是が非でも知っておきたい基礎知識とは?

ハイエースのタイヤは『乗用車』に使用されるタイヤとチェックする部分が異なるため、自ら購入する際は知識を身につけておく必要があります。ここの記事では、ハイエースのタイヤを購入する前に知っておきたい『基礎知識』について、わかりやすく説明をしていきます。

 

 

 

 

目次

ハイエースのタイヤを購入する前に知っておきたい『基礎知識』とは?

ハイエースのタイヤを購入する前に”絶対”に知っておきたい『基礎知識』を身につける必要があります。まず、貨物用タイヤ(LTタイヤもしくはCタイヤ)と呼ばれるタイプでないと、車検を通すことはできません。また、貨物用タイヤでも車体にタイヤが干渉したり、はみ出す傾向になります。また、ハンドルの切れ角に影響を及ぼす可能性があるため、装着を控えることをおすすめします。

 

同時に、貨物用に適合されたホイール(JWL-T適合ホイール)も装着しておく必要があります。したがって、タイヤだけ貨物用のものを装着しておけばいいというわけではないので、注意する必要があります。

 

 

 

 

ハイエースのタイヤを購入する前に必要なタイヤの『表示内容』とは?

ハイエースのタイヤを購入する前に必要なタイヤの『表示内容』について説明します。ここではハイエースの純正タイヤ「195/80R15 107/105L LT」を例に挙げていきます。

 

タイヤ幅

タイヤの幅を195mmや215mmのように表記する。

 

扁平率

タイヤ幅に対する断面の高さの比率を表す数値。 偏平率が低いほど接地幅は広がり、タイヤの側面部分が薄くなるのです。

 

インチ(リム径)

『15インチのホイールに装着できるタイヤ』ということを表しています。数値=タイヤの内径。タイヤの構造を示す記号でRはラジアルタイヤを意味します。

 

ロードインデックス(最大荷重指数)

タイヤ1本で支えることが可能な最大負荷能力を表した数値です。107はフロント、105はリアのロードインデックスを表しています。107は1本のタイヤで975kgの荷重に耐えられる設計で、105は1本のタイヤで925kgの荷重に耐えられる設計となっています。すなわち、ハイエースの純正タイヤは3800kgの車両総重量に耐えることができるのです。

 

速度記号

タイヤが耐えることが可能な最高速度を表しており、「L」は120km/h、「R」は170km/hに対応します。

 

用途記号

「LT」や「C」の表記は耐用荷重の大きいバンタイプのタイヤです。「C」の場合はヨーロッパのタイヤ規格です。ハイエースは、「LT」や「C」規格のタイヤを装着していれば必ず車検は通ります。

 

 

 

 

ハイエースのタイヤを購入するときに検討しておきたいメーカーとは?

ハイエースのタイヤを購入するときに検討しておきたいメーカーは3つあります。当然、純正タイヤを使用すれば全く問題はないのですが、外観のドレスアップのためにタイヤを変更するのも1つの方法です。(ホワイトレタータイヤと呼ばれます。)これからわかりやすく説明をしていきます。

 

TOYOタイヤ

実はこのTOYOタイヤですが、車検に通過できる貨物タイヤで唯一18インチを設定しているのです。これは外観のドレスアップをするうえで、選択肢を広げる大きなメリットとなります。

 

GOODYEAR NASCARタイヤ

外観のドレスアップに使われるタイヤで1番よく目にするメーカーです。こちらのタイヤは15~17インチの取り扱いで、当然車検対応のLTタイヤです。ホワイトレター部分もインパクトがあるため、『オシャレ』気分を味わえます。

 

YOKOHAMAタイヤ

外観のドレスアップに使われるタイヤで最近流通するようになりつつあるメーカーです。こちらのタイヤは16インチ、17インチの取り扱いで、車検対応のLTタイヤです。しかし、採用実績があまりなく、街中でもあまり目をすることはないため、耐荷重性など、タイヤの特性に関しては未知数です。TOYOタイヤ、GOODYEAR NASCARタイヤをよく目にするからほかのタイヤにしようと考えているなら、おすすめのタイヤです。

 

 

 

 

ハイエースのタイヤをまとめて購入できる『オススメ』の方法とは?

ハイエースのタイヤをまとめて購入できる『オススメ』の方法は”中古車を購入する”ことです。購入したい車両の情報を手早く入力するだけで、簡単に探してくれる手助けをしてもらって、最良の状態のものをゲットしませんか?

 

>>>>>なびくる+

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる