ハイエースのワイドを求めるときに必要とされる『重要』な情報とは?

ハイエースのワイドはとにかく荷室部分が広いため、業務用として使うにしてもプライベートで使うにしても使用方法の幅に制限がなく、素晴らしい相棒として活躍してくれます。

本記事では、ハイエースのワイドを選択肢に入れるときに『必要な』ポイントについて詳しく説明をします。

 

 

 

 

目次

ハイエースのワイドを選択肢に入れるときに『必要な』ポイントとは?

ハイエースのワイドを選択肢に入れるときに『必要な』ポイントについてリサーチしました。というのも、ハイエースワイドにはバンとワゴン、コミューターと呼ばれる3つのカテゴリが存在するからです。詳しく説明します。

 

バン

使われ方は2つに分けられます。1つは業務用として荷物をたくさん積む方法です。もう1つはインテリアのドレスアップです。例えばベッドキットを荷室部分に積んで車中泊をしたり、グリップを追加してルーフ部分にサーフボードやロッドホルダーにしたりすることができます。ルーフ形状がDXグレードではハイルーフ、スーパーGLではミドルルーフと2つ選択することができます。同時にDXグレードを選択するとスーパーロングと呼ばれる全長538cmのタイプになるため、本格的なキャンピングカーになることが期待されます。

 

ワゴン

ワゴンはバンと比較して乗り心地が良くなっているだけでなく、最大10人まで乗車できます。バンよりもカスタムの幅が狭まりますが、それでもカスタムショップで、ワゴンベースでキャンプや車中泊仕様に変更できたりなど、幅広いカスタムを手がけてくれる場合もあります。こちらもハイルーフ、ミドルルーフの2種類を選択することができます。

 

コミューター

コミューターは最大14人乗りで中型免許が必要です。使われ方は、本当に送迎のためだけに使用されるのが1つで、もう1つは最後列の4席を外して10人乗りに構造変更してカスタムされるケースです。また、バンのこちらはハイルーフのみの設定です。

 

 

 

 

ハイエースのワイドを選択肢に入れるときに気をつけたい部分とは?

ハイエースのワイドを選択肢に入れるときに気をつけたい部分をみつけました。詳しく説明します。

 

駐車スペースが制限される

高さ制限(210cm)によって、駐車スペースが制限されてしまうことです(ミドルルーフは210.5cm、ハイルーフは228.5cm)。また、ハイエースのワイドにはスーパーロングと呼ばれる全長538cmのタイプのものがあるため、街中のコインパーキングを使用するときは枠からはみ出してしまいます。

 

駆動方式が制限される

後はカテゴリによって駆動方式が限定されてしまうことです。例えば、ディーゼルで4WDを選択したい場合、バンのDXグレードしかないため(2017年12月一部改良モデルで復活しました)、コミューターには存在しないのはおろか、バンのスーパーGLにも存在しないのです。当然ワゴンにもディーゼルで4WDという仕様もありません。バンのDXグレードベースでカスタムする場合は、オートエアコンもスマートキースタートも存在せず、内装も鉄板むき出しとゼロからカスタムする必要があるため、労力を使います。

 

特装車にトヨタセーフティーセンスが装備されない

キャンパーしようなどの特装車にはトヨタセーフティーセンスが装備されません。ミリ波センサーや単眼カメラの誤作動によって、架装アイテムがどのような振る舞いを行うか想定できないためです。参考情報としてキャラバンの特装車にはエマージェンシーブレーキが装備されているため、ハイエースワイドにこだわりがなければ、こちらを選択するのもありかもしれません。

 

 

 

 

ハイエースのワイドを悔いなく選択するために情報がわかったなら

ハイエースのワイドを悔いなく選択するために情報をまとめました。ハイエースのワイドで自分なりの味付けをする場合、装備などには不満があるかもしれません。しかし、裏を返すとアレンジをやりたいようにすることができるため、無限の可能性を秘めているのです。

 

無限大の可能性を実現するためには、やはり愛車の買取価格を少しでも高くしたいのが本音です。数社の見積もりをとって、一番良い会社から引き取ってもらって、理想のハイエース作りの足しにしませんか?

 

>>>カーセンサー.net簡単ネット査定

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる